いよいよゴールデンウィーク

個別指導塾の学習空間、山梨・敷島教室の宮下です!

皆さん、新学年に立って1ヵ月が過ぎ去ろうとしています。
このひと月はどうでしたか?
特に4月から中学生、高校生になった子は環境が大きく変わったって人も多いかと思います!
私の教室の生徒も、部活が大変になってきて疲れている子が多くて大変そうだなーって感じています。

そんな4月も終わりでいよいよゴールデンウィークが来ますね!

皆さんの予定はどうでしょうか?
殆どの子は、部活漬けの日々を過ごすことになると思います!

私はこのGWは、一先ず買うだけ買って読んでいない本やなかなか時間が取れずあまりできていないゲームを思いっきり楽しもうと思います。
特にゲームは、モンスターをハンターする某ゲームをやる予定です。
物欲センサーが働き、逆鱗やらなんやらが手に入らず周回を繰り返すことになることが多いので少し本気で取り組もうと思います。

さて、GWが終わったら5月の終わりに中間試験がある学校が多いと思います。
休む時は休み、頑張る時は頑張るとメリハリをつけて一緒に乗り切りましょう!!

最後に、この数年ずっと遊んでる引っ張りハンティングなアプリで呪術廻戦コラボが決まりとてもうれしいです。
ありがとうございます。

山梨 :山梨の塾なら個別指導の学習空間

新生活スタート!

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です!

最近はだいぶ暖かくなりましたが寒暖差が激しいですね。
日中は暖かく、夜はかなり冷え込みます。
季節の変わり目は体調を崩したりするので気をつけてください!
皆さんコロナ禍で十分注意していると思いますが、油断しないようにしましょう。

そしていよいよ新学期が始まりました。
新しい環境には慣れましたか?
進級や進学に伴って環境が大きく変化した人も多いのではないでしょうか。
最初は難しいと思いますが、今の環境にも徐々に慣れてくると思います。
まずは自分の中のライフサイクルがしっかり作れるといいですね。
生活の中に学校での勉強や部活、塾や習い事、プライベートの時間など、バランスを取りながら過ごしていきましょう。
初めてのことが多く、戸惑いもあると思いますが楽しい学校生活が送れるように応援しています!(^^)!

皆さん今年度もよろしくお願いいたします!!
山梨の塾なら個別指導の学習空間

気付かない心のサイン

個別指導塾の学習空間、甲府西教室&家庭教師・1対1指導の学習空間プラス担当の堀内です!

先日、とっても不気味な夢を見ました。
目の前のフェンス越しに大きな木があって、そこにたくさんのせみの幼虫?がいたんです。
すると、ばらばらと羽化し始めて・・・・・。
数匹じゃなくて、数十匹だったんです!
ずるっと羽が出てくるのが怖くて怖くて・・・。
そのときはなんて夢を見たんだよ・・・。
と思っていました。

数日後、あの夢なにか意味があったのかなーと思って調べてみたんです。
そうしたら、
「長い苦労が報われて事態が好転したり、目標を達成したりすることを暗示しています。
あなたは長い間苦労を重ねており、現在はまだ苦しい時期が続いているかもしれませんが、
まもなく苦労が報われ、夏を謳歌できる時期をむかえるでしょう。」
とのこと!
なんと!!
そんないい夢だったなんて!

悪い夢を見てしまって不安に感じることあると思います。
今回たまたま、私は吉報を暗示する夢でしたが・・・。

怖い夢を見るのは、自分がその物事に対して心配や不安、ストレスを抱えていると見ることが多いみたいです。
または、夢の内容に対して気をつけるように暗示していることもあるみたいです。

怖い夢を見てしまって不安を抱えているのであれば、調べてみるのも手かなーなんて思ってます。
みなさんも、もし怖い夢を見てしまったら調べてみてください!
もしかしたら自分の心のSOSサインかもしれませんよ!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

新年度!

個別指導の学習空間、甲府南教室と甲府東教室の星野です!

新学年が始まりましたね。新しい生活が始まった生徒さんも多いと思います。

甲府南教室では、4月から篠原先生が火木土曜の担当に!
惜しまれつつ卒業となった佐野先生に代わり、活躍しています。他のエリアで経験を積んできた先生なので、新しい風を持ち込んでくれると思います!
新しい生徒の皆さんも続々入塾頂いてます。無料体験ご希望の場合は、お早めに!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

春休み

個別指導塾の学習空間、韮崎教室・白根教室の内藤です。

街中のいろいろなところで桜を見る機会が増え、春の訪れを感じることが増えてきました。

私は今年度の受験も無事終わり、来年度に向けての準備を進めています。
今年度のことは今年度のうちにしっかり復習し、新年度いいスタートを切っていきたいですね。

今日は朝早く起きて、本日発売のゲームを買ってきました!
この週末は時間を作って一狩り行きたいと思います(笑)

4月の末にも、昔とてもよくやっていたゲームの続編が発売される予定です。
なかなか気軽に出かけることもできないため、GWは気のすむまでゲーム三昧になる予定です。

卒業式・終業式も終わって、皆さんも春休みを楽しんでいると思いますが、課題などやるべきことはしっかりやって、メリハリをつけていきましょう。
私も生徒に胸を張って言えるように、気を付けたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

ご卒業おめでとうございます!

個別指導塾の学習空間、小瀬・石和教室の深澤です!

3月も半ばを過ぎ、学校を卒業しました!と多くの生徒から言われ、この時期は生活がガラリと変わる時期だなと感じております。

皆様。ご卒業おめでとうございます。

受験なども終わり、色々な方がこの入学までの時期にたくさんの思い出などを作られているのかな?と思っております。

もちろん羽を伸ばしては駄目というわけではないのですが、ここまで身につけてきた勉強をするという習慣をなくさないためにも1日1時間でも復習をすべきだと思います。

4月に入りすぐにテストがある学校もありますので、そのテストでいきなり後悔しないためにも今のうちにしっかり解きなおしなどしてみてはいかがでしょうか?

よく受験が終わったからと気を抜いてしまう子達がいます。確かに受験は一区切りではありますが、ゴールではありません。

受験に合格することが目標だった方はそれは目の前の目標であって、進学先でさらに頑張りたいからその学校を受験したんですよね!!

なので合格しました!卒業しました!とずっと安心をするのではなく、そろそろ次の進学先で困らないためにも少しずつ動き始めるほうがいいのではないかな?と思います。

次のステップへ進み、さらに活躍されることを期待しております!

 

作図って点数とれるよね?

個別指導の学習空間、竜王・石和教室の西田です。

受験お疲れ様でした。(多くの方に向けて)
また、来年度受験生!!これから1年は厳しいですが後悔だけは決して許しません。
と、まぁみんなへの呼び掛けはここら辺にして置いて。

今回は苦手な人も多いであろう作図について少し話していきます。
なにも難しい事はございません。コンパスと定規で書ける事なんてたかが知れています。

しかし・・・苦手な人が多いのもまた事実。なぜそんなに苦手な人が多いのか。
理由はズバリ!!書ける作図と言われている日本語の関係性の理解です。

早速本題に参りましょう。
まず、皆が知っている、「できる事」の整理をしましょう。

  1. 垂直二等分線
  2. 角の二等分線
  3. 正三角形

実はこんなもんです。
上記でわかないものがある人は一度調べてみましょう。学校の授業で習ったとおりです。

では、これが説明的に書き換えられるとどうなるでしょうか。

①それぞれのから等距離にあり~~
または、直線と点が最も近い距離にある点~~(点と線のなす角が垂直)
②それぞれのから等距離にあり~~
すべての点が等距離~~
60°

こんな感じで書かれると急に分からなくなりますが、やる事は番号に合わせてやるだけなのでいたって簡単である。

・・・・演習・・・・
壱、75°を作成せよ。

答え、60°の半分は30°、30°の半分は15°。60°+15°=75°
つまり使用しているのは4、2
他にもありますが、75°なんて実は簡単に書ける。

その他にも接線等ありますが、あれも考え方では90°で繋がっているだけですし(中3)

独特な言い回しなんかには慣れておかないと!コンパスは円しか書けないですから。

あとは演習あるのみです。コンパスでたくさん問題を解く事が、できるようになる為の最短ルート!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

自分の力を信じて(^^)

こんにちは。
個別指導塾の学習空間、甲府南教室&学プラ担当の佐野です。

最近、日中の気温が20度以上になったりと春はもうそこまで来ているなと感じます。

このブログを書いている日にちは2月27日(土)、山梨県の高校入試まで5日を既に切りました。
また、受験生以外の生徒さんは定期テストは終わったばかりの人も多いと思います。新学年になるまで定期テストがないからラッキー!と思っている生徒さんもいると思います。

しかし、3月に1年間の総復習をしっかり行うか行わないかで新年度に良いスタートが切れるか切れないかが決まってきます。
テストがない期間を利用して自分の苦手単元を復習して下さい(*^-^*)

ただ、息抜きやリフレッシュをすることもとても大切なので、メリハリをつけることが大切ですね(^^)

それでは受験生の皆さん!!
自分が今まで努力してきた力を信じて、入試当日頑張ってください!!
受験生の皆さんが合格しますよう、講師一同応援しています(^^)

山梨の塾なら個別指導の学習空間

お久しぶりです!

個別指導の学習空間、竜王・櫛形教室の吉瀬です!

久しぶりのブログ投稿です!前回投稿してから期間が空いているのでネタはあるはずなのですが、何を書けばいいのか思い浮かばず苦戦中です。(笑)

昨年はコロナで外出等もあまりすることができずおうち時間が非常に多くなりました。(元々外出はしないタイプですが。。。)
本来なら唯一の趣味ともいえる草野球をしていたのですが、昨年は大会もほとんど中止となり非常にさみしかったです。。。
しかし、3月からはまた練習試合や大会が始まっていくようなので、非常に楽しみにしています!
これまで当たり前にできていたことのありがたさを改めて感じた1年でした。今年は、その当たり前なことに常に感謝の気持ちをもって生きていきたいです!

塾のブログなので勉強についてのことも書いておきます(笑)
1月に高校生の共通テスト、中学生の前期試験が行われました。力を発揮できた方、発揮できなかった方様々だったと思います。
しかし、一番大事なのはその後の行動だと思います。受かったからあとは好きなことだけをしていくのか、受かったといっても、あくまで通過点だから次の準備を進めていくのか。
非常に大事なことだと思います。
高校受験も大学入試もゴールではなく、スタートです。目先だけにとらわれず、その後をしっかりと予測して過ごしてもらえればと思います!

国公立大学の前期試験や公立高校入試の後期試験ももうすぐです。終わってから後悔をしないように、今やれることをとことんまでやりつくしましょう!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

問われていること

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!
2021年が始まって早1ヵ月が経ちました。
コロナウイルスの影響もあり、例年に比べて、何なく年が明けた感じがしない中でのスタートであったように個人的には感じます。
しかし、今年から導入された大学入試共通テスト、また山梨県内では公立高校の前期入試と、受験生にとっては進路を決める山場が確実にこの1ヵ月でありました。
状況はどうであれ、1日1日の大切さは、いつでも変わることがない。
当たり前のことを心に留めて日々の指導に邁進していこうと思います。

冒頭の前期入試については、先日結果が発表され、幸い私の教室の生徒は全員内定となりました。
合格は通過点ということを受験生には常に伝えているため、文字通り「通過点」なのですが、やはり生徒の希望が叶うのは素直に嬉しく思います。
その一方で、合格を聞いた時に講師として伝えなければならないこととして、まだ進路が決定していない同級生への配慮を求めることが挙げられます。極めてシンプルなのですが、普段通り、集中して取り組んでもらいたい。これに尽きます。
そのような取り組みが出来てこその通過点でもあります。

そんな生徒達との対話の中、教室では高校入試の後期試験に向けて、先週の日曜日から直前講習を開始しています。
直前講習の流れは極めてシンプルに以下の通りです。

本番と同じように一斉に時間を計って5教科を解く。
講師が採点する。
返却し、生徒が直しを行う。
講師と課題を共有し、月曜日からの塾でのカリキュラムに反映させる。

指導する側として常に伝えていることは「制限時間内でのベストの得点を目指すこと」と「1教科毎に自分に100%承認を与えて次に進むこと」です。
この2点の真意は、まず、分からない問題にこだわり過ぎて、本来出来たであろう問題を解けないことのないようにすること。
これは良い意味で完璧主義を捨てることでもあります。
また、国語が終わって、感覚的に今一つの場合も考えられる。しかし、それは変えられない範疇です。その意味でもベストを尽くした自分を肯定して、次の社会へ、そしてまた次へと切り替えていく心の姿勢を身につけてもらいたいということにあります。
この2つについては、直前講習に限らず、模試開催に時、定期試験の前などに、年齢に関係なく、何度も何度も伝えています。
教科と教科の間は5分しか取っていない中で、その度に伝えますが、いつも生徒達はしっかり聴いてくれて、有難いです。

また5教科受験した後の直しでは、答えは渡さずに、解き直しを行いますが、この時もこちらが指導すべきなのは、結果以上に本番中のベース配分の確認です。知識不足で出来なかったことが分かったら、覚えるのみですが、出来なかった原因が全体を通してのベース配分にあるなら、それを普段から意識しなければならないからです。
事実、昨日も国語で、時間が足りずに最後の作文が全く書けず、しかし、その前までの正解率はとても良かった生徒がいました。
こんな時も基本、まず出来ていたことについては承認を与えるようにしています。
その上で、時間の部分を考えてもらう指導でありたいと思っています。

そんなことを考えると、やはり人にとって限られた時間をどう使うのか。
それこそ、試験に限らずですが、常に各個人に問われていることになります。
自分に承認を与えつつ、改善が出来る部分があるなら、ほんの少し楽しむ気持ちを持ちながら、チャレンジしていく。
指導を通して、生徒全員とそれを共有し、実践出来たら、最高です。
昨日の余韻に浸りつつ、時間を大切にします。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間