いつも以上の当たり前が変化である

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

5月も後半となり、少し汗ばむ陽気となりました。
コロナウィルス感染拡大防止のために発令されていた緊急事態宣言も解除され、山梨県内の多くの学校では明日から学校が再開となります。
少しずつですが、今までの日常が戻ってきつつあります。
当面は分散登校、半日授業など、生徒達の学校生活も例年通りとはいきません。
部活動なども大会も実施そのものが不透明な部分もあります。
その前提を理解し、教室での指導は例年以上に生徒のメンタルと向き合って指導していく必要があると考えています。

これまでの習慣を前向きに変化させていけるかどうか。

今、最も求められているのが、このことになるのではないでしょうか。
教室でも分散登塾、リモート授業等、この状況だからこその変化がありました。
生徒が最大8名で指導し、時間もきっちりで終わります。
時間の大切さを講師も生徒も実感します。
またリモート授業は画面を通しての指導ですが、距離感をどうつかむかなど課題はまだ残っていますが、
新たな指導の可能性の追求とともに、対面で指導できる有難さを感じられる機会ととらえることが出来ます。
また報道されている通り、将来的な9月学期スタートの議論もあります。
教室で、生徒と話す中で特に3年生に聞いてみると意外にも?賛成意見が多かったです。
正直、私は感覚的なもので、やはり4月からが一番と思っていただけに生徒の柔軟な考えに触れて新鮮でした。

私自身もこれまでスポーツジムで運動してから、指導にあたる生活をしていましたが、この3か月はジムに行くことが出来ませんでした。
そのため、通勤を徒歩に変えようと決め、ずっと実行しています。
行き帰り、およそ40分距離にして3㎞ですが、すっかり定着しました。
これはジムに通えるようになってからも継続しようと決めています。

成果を出す観点から言えば、どれだけ先の予定に対して、自覚をもって行動していくかに尽きると思います。
昨年度なら、今頃は中間テストに向けて指導していました。
明日から学校が始まるとは言え、まだテストがいつなのか、期末テストと合わせるのかなど指導する側としても先の予定の情報を例年以上に集めていく必要があります。
その意味で、未来の情報収集に対して意識を持って行動する。
良い指導をする前提は、例年以上に今年度はこれなのだと何度も確認していきたいと思います。
だからこそ、各学校のHPをこまめにチェックすること、保護者の方達に情報をいただくこと、生徒との対話を増やすことなど当たり前のことを今まで以上にやって未来を主体的に創り出していきます。

変化に柔軟に、当たり前を例年以上に当たり前にやっていく。
一歩踏み込んで、いつも以上の当たり前を実施していくことが変化すること言えるのかもしれません。
生徒達にも行動で示していきたいと思います。

ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

DDT

個別指導塾の学習空間、富士吉田・都留教室の大江です!

すっかり春めいてきて、本来なら気分がウキウキする季節ですが、新型コロナウイルスの影響で例年のようには楽しめない日々が続いております。
自分だけでなく、他の人へも害を与える可能性があるので、休日は引きこもりの日々を送っております。
カビが生えそうです。白髪は生えています。

さて、引きこもりの日々の中で、先日ふとしたことがきっかけでプロレスの動画を見ました。
筋肉隆々の人々が、路上でやったらすぐに逮捕されそうなことを、なんか色々やっていました(雑)。

試合中、色々な技が出ていましたが、その中で気になったのがDDTという技です。
どんな技かは、詳しく文字では説明しづらいので、ご興味のある方は各自調べてください。
で、なぜ気になったかというと、DDTというと殺虫剤(Dichloro Diphenyl Trichloroethane)が浮かんだからです。
明らかに殺虫剤を振りまく技ではないのに、なぜそんな名前にしたのか。

調べたところ、技の発案者ジェイク・ロバーツが飼っていたニシキヘビのダミアンの名前をもじって、Damien’s Dinner Timeから名付けたというのが有力だそうです。
他にも、Drop Dead TwiceやDemonic Death Trap、Death Drop Techniqueなど様々な由来候補があるみたいです。

いずれにせよ、殺虫剤の知識しかなかった私としては、そういう発想があったのかと、視界が広くなった気がしました。
つまり、自分の知識だけで物事を見ると、思い込みが邪魔をして本質を見られなくなる、しかし、そこから一歩進んで、疑問点を調べてみると見識が広がる、ということが分かったのです。

皆さんも、社会に溢れている(ニュースだけでなく、勉強法や入試情報等を含む)情報を、先入観なしに見てみて、ただ受け入れるのではなく、そこから新しい知識を増やすことをしてみると、きっと新しい世界が見えてくると思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

新学期に向けて!!

個別指導塾の学習空間、甲府南教室、学習空間プラスの佐野です!

連日コロナウイルスについてのニュースが飛び交っていますね。
東京オリンピックも延期になりそうです。皆さん、マスク着用、うがい手洗いは毎日しっかり行いましょう。

話は変わって、この間ふと地面を見たらつくしが生えていました。
暗いニュースが最近多いですが、春の訪れを感じ、明るい気持ちになりました。
皆さんは最近何か春を見つけられましたか?(^^)

また、あと2週間弱でいよいよ新学期が始まります。
1ヶ月ほどの休校でリズムが崩れている人もいると思いますが、徐々に生活リズムを直していきましょう。

学習空間では来週から春期講習が始まります。
受講する生徒さんは一緒に頑張りましょう(^^♪
受講しない人も、学校が始まるまでの残りの期間お家で何をやっていいか分からない場合は教室の先生にどんどん
相談して下さいね(^^)!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

時を待つ心

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

つい先日の3月4日、高校入試の後期試験が行われました。
例年とは異なり、コロナウイルスの影響もあり、学校が休校になることが決定された中での入試でした。
入試前日まで登校し入試翌日からは自宅待機ということで、生徒達も心理面においても、大変な状況の中の試験だったことが予想されます。
また入試が終わった今も、これから控える卒業式が、例年に比べ簡素化されることに対して、様々な想いが交錯していると思います。
教室で生徒とその話題になると、残念である気持ちが返ってきます。
それに対して、私もなかなか良い言葉が見つけにくいのが正直なところですが、とにかく今を大事にして、良い門出を迎えて欲しいと願うばかりです。

実は入試当日に、受験が終わったその後に来塾し、いつも通り勉強をしていった生徒がいました。
私の指導経験の中で初めてのケースでした。
いつも通り3時間、黙々と高校予習を進める後ろ姿に素直に感心すると同時に、温かい気持ちになりました。
この生徒が行動を通して、私に希望をくれたと思っています。
その流れの中でこの数日も入試が終わった3年生達の多くが、いつも通り来塾して、高校の予習をやっていきました。

3年生には日頃から「合格は通過点」という言葉をかけてきました。
その中で、生徒達が入試が終わった後も主体的に先を見据えた準備をしている姿を見るのは、素直に嬉しいことです。
入試の出来についても勿論、会話の中で出てきますが、後は待つだけ。
指導する側としては、良いスタートを踏み出せるように、いつも通り伴走していきたいと思っています。

結果を待つ生徒に対して、どんな接し方をすれば良いのか。
毎年、この時期に強く意識されるテーマではあります。
はっきりとした正解は、私も持ち合わせていません。
しかし、明るい希望を語りつつ、淡々と待つという部分はブレないようにしたいと考えます。

そんなことを考えている中で、少しでもヒントになるものを、以前読んだ本の中に思い出しました。
私が尊敬するパナソニックの創業者;松下幸之助さんの時を待つ心の一説です。

時を待つ心

おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。
あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ。
時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。
ただ何もせずに待つことは僥倖を待つに等しい。
静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく力をたくわえている。
たくわえられた力がなければ時が来ても成就しないだろう。
時を得ぬ人は静かに待つがよい。
大自然の恵みを心から信じ、時の来るのを信じて
着々とわが力をたくわえるがよい。
あせらず、あわてず
着々とわが力をたくわえる人には、時は必ずくる。

教室は明日から数日、春期休暇となります。
私も久しぶりの休みとなりますが、春を待つ桜の姿を意識して過ごしたいと思います。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

スマホのアプリ

個別指導塾の学習空間、小瀬教室のカトーです!

連日、新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが続いています。うがい・手洗いの徹底を始め、出来る努力を最大限行い体調管理には細心の注意を払いましょう。

さて、私事ですが、最近”Habitify”というアプリをスマートフォンでダウンロードして活用しています。内容は3つの習慣を設定して、それを何日連続で継続出来ているか確かめるというものです。
ちなみに私は、「教室のどこかを1ヶ所必ず綺麗に掃除する」、「夕飯の洗い物は必ず自分が担当する」、「体幹トレーニングを必ずする」の3つを設定しました。(習慣の設定は途中で変更も可能だったと思います)
実は、このアプリはある大企業での研修プログラムや、私の大好きなある大学のラグビー部でも導入されていると聞きました。目的は、やると決めたことをやり切る習慣をつけるためです。
私自身、教室で指導している生徒に対して、小さなミスを減らすために細かい部分に気をつけるような提案をして生徒たちに取り組んでもらっています。
しかし、そういう私自身は、普段の行動で細かい部分にどれくらい気配りを出来ているのか?一見当たり前だと思うことでも本当にしっかり出来ているのか?自分を見つめ直して、自分の言葉にもっと説得力を持たせたいと強く思い、3つの習慣を行っています。
正直に言うと…最初は、「こんなことやってもそんなに変わらないだろう」と思っていました。でも、継続していくとだんだん楽しくなってきて、たまに出来なかった日があると、「昨日の自分に負けた」と感じて悔しくて、明日はもっと頑張ろうと思えるようになりました。(笑)
自分の言動に自信がついたので、私はこのアプリに出会ってとても良い収穫を手に入れることが出来ました。皆さんもご興味あれば、ぜひお試しください。

それでは、また教室でお会いしましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

こんな時こそ

個別指導塾の学習空間、甲府北・都留教室の河西です!

早いもので2月も下旬に入り、寒さが和らぐと同時に花粉の季節も迫りつつあります。私は先週から薬を飲み始めましたがそれでもじわじわと花粉症の影響を受けつつあります。

さて、影響と言えば、最近猛威を振るっているコロナウイルスによるものが皆さんの気になるところであると思います。山梨エリアにおいても来月実施予定でしたバスツアーを中止することとなり、残念なことですが現状再実施の目途も立っておりません。

他にも、世間では様々な噂を耳にします。
その中には、中国人に対する偏見や、「日本はもう危ない」などの不安を煽るものが少なからずあり、こういったところで人の弱い所や正しい知識をもつ能力、リテラシーの有無が試されているのかもしれません。

こんな時はつい何か特別な対策はないかと考えてしまいがちですが、一番有効なものは「手洗いを徹底すること」です。事実、どんな菌やウイルスも洗い流して接触を防ぐことでリスクが大きく減ります。他にも、スマホの画面など、よく触れるものを消毒することも有効だそうです。

先ほどは悪い噂を上げましたが、良い噂も耳にしました。それは、「コロナの一件で世間の意識が高まったためか、インフルエンザの感染が例年より減った」というものです。
こんな時だからこそ、普段から各自で出来ることをしっかりとこなすことが重要なのでしょう。

特に受験生の皆さんはこの時期に体調を崩すと後が非常に大変です。全力で取り組むことも大切ですが、そのためには無理のないように自分を大切にすることも必要です。先ほど挙げたウィルス対策はもちろん、つい削ってしまいがちな睡眠時間もしっかりと確保して、万全の体勢で本番に臨めるように心がけましょう!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

リスクヘッジ

個別指導塾の学習空間、富士吉田・都留教室の大江です!

最近、近所のコンビニやドラッグストアで、マスクが完全に売り切れているのをよく見ます。
花粉症等で本当に必要な人に回らないのが気の毒に感じる今日この頃です。
私はマスクよりもチョコが欲しいですが。

さて、マスクと言えば、中国からの観光客が来なかったりして(逆にお断りしているところもあるらしいですが)、大打撃を受けている観光業者が多いようです。
もちろん、大変なご苦労をされているのだろうと感じますが、同時に、一つの国や地域からの観光客に依存していたのはいかがなものかと思うこともあります。

もとから色んな国からの観光客が多ければ、仮に一つの国から来なくても対応はしやすいですし、もっと言うと、観光業だけはなく他の職種の業務も並行してやっていれば、今回のような状況になっても、リスクは避けやすいように感じます。

そしてそれはテストでも同じで、特定の科目だけが得意だった場合、普段であればその科目が点数を押し上げてくれていたところ、仮にその科目を失敗してしまったら、もう取り返す手段がなくなります。
ですので、不得意科目があるのは、一定程度仕方ないとしても、その数を極力減らして、試験当日何があってもある程度の点数が確保できるように、武器を増やしておくことが大事です。

得意科目を伸ばすことも良いですが、穴を少なくする、得意科目を増やすという点にも着目して、試験まで頑張ってください。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

野村監督

個別指導塾の学習空間、甲府東・昭和田富教室担当の山井です。

当然の訃報でネットでもいろいろな方が驚きのコメントをしてますが私も大変驚きました。

選手としての野村監督はあまり存じ上げてありませんが、記録だけ見ただけでもすごさがわかります。
私も捕手をしたこと(ちょっとだけです)があるので大変さは多少わかりますが、ほんと大変なポジションなんです。
その捕手としてあの試合数に出続けてなおかつ三冠王とかとっちゃう…考えられません。

私にとっては監督としてのほうがイメージが強いです。
特にヤクルトの監督していた時のイメージが強いです。
私は西武ライオンズのファンだったのですが1993年の日本シリーズで負けた時の監督が野村監督でした。
確か3連覇くらいしてたのを止められたのかなと記憶していますが。
当時小学生の私は当然勝つものだと思っていたのでショックだった記憶があります。
あと、野村監督と言えば阪神時代の遠山⇒葛西⇒遠山。
プロ野球でこんなことやるんだ!って驚きましたね。

解説者でも毒舌と言われてはいましたが私はとても好きでした。

野村監督・名言で検索するとたくさんの言葉が出てきます。
野球人としてだけではなく社会人としても選手たちに成長を促していたように思えます。
野村監督の言葉の中で『ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。』という言葉があります。
この言葉、どのスポーツ、そして勉強にもあてはまると思います。
素直に人のアドバイスを受け入れられる選手や生徒は伸びる。
私が今までの講師人生の中でも同じことを感じていました。
まだまだたくさん響く言葉はあります。
私自身、今回改めて野村監督の言葉を見て気づかされたことがありました。
今後の人生に活かしていきたいと思います。

心よりご冥福をお祈りします。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

来週は…

個別指導塾の学習空間、甲府東教室&学プラ担当の伊藤です!

一年で一番寒いこの時期、毎朝布団から出るのが憂鬱な人も多いのではないでしょうか?
私は昔からとても寒がりで、布団からなかなか出られないのはもちろん、起きた後も着る毛布を愛用しています…
受験シーズン真っ最中の中3生や高3生は夜遅くまで勉強している日もあるかと思いますが、体を冷やして風邪をひかないよう十分注意してくださいね!
また、風邪やインフルエンザにかからないためには水分補給がとても大切です。
菌やウイルスが喉に長時間付着するのを防ぐため、こまめに水分補給するよう心がけましょう!

少し気が早いですが、来週2/14はバレンタインデーです(^^)
バレンタインといえばチョコレート!!
ですが…実は、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本独自のものだそうです。
海外では友人や恋人にカードや花束、お菓子などを贈るのが一般的だそうですよ!
チョコレートを贈る習慣ができたのは、チョコレートを作る会社の戦略だったとか…
とはいえチョコレートの糖分は脳を活性化させてくれるので、受験生にはありがたい習慣かもしれませんね!

中3生は公立後期入試まであと少し、エンジン全開で頑張りましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

勝負の冬!!

個別指導塾の学習空間、白根・山梨教室の足立です!

今日から2月に入りました。
今年は特に暖冬を感じています。もちろん寒い日もありますが、今日はお昼ごろは暑くて上着を脱いだくらいです。富士吉田方面は相変わらずすごいみたいですが、雪も積もるほど降らなくなりましたね。まだ油断はできませんが・・・このまま積もらずに終わってほしいものです。

さて!1月30・31日は前期入試がありました!前期入試を受けた生徒はおつかれさまでした。
結果発表の日までドキドキしますね!!!あくまでもメインは後期入試ですのでそこは忘れないようにしましょう!!
2日から後期入試に向けた直前講習もスタートします!苦手な所を確実に無くしていき入試に臨めるよう1回1回を大切にやっていきましょう!!!

中学1・2年生も2月末に期末テストがある学校がほとんどだと思います。
範囲も広くとても難しい時期のテストになりますので早め早めに手を打っていきましょう!!

コロナウイルスやインフルエンザ等がとっても拡大しています!!
手洗いうがいは基本です!体調崩さず乗り越えていきましょう!

テストが終わったら楽しい楽しいバスツアー!!夢の国ディズニーランドが待ってます!!

それでは!!
山梨の塾なら個別指導の学習空間