笛吹市

作図って点数とれるよね?

個別指導の学習空間、竜王・石和教室の西田です。

受験お疲れ様でした。(多くの方に向けて)
また、来年度受験生!!これから1年は厳しいですが後悔だけは決して許しません。
と、まぁみんなへの呼び掛けはここら辺にして置いて。

今回は苦手な人も多いであろう作図について少し話していきます。
なにも難しい事はございません。コンパスと定規で書ける事なんてたかが知れています。

しかし・・・苦手な人が多いのもまた事実。なぜそんなに苦手な人が多いのか。
理由はズバリ!!書ける作図と言われている日本語の関係性の理解です。

早速本題に参りましょう。
まず、皆が知っている、「できる事」の整理をしましょう。

  1. 垂直二等分線
  2. 角の二等分線
  3. 正三角形

実はこんなもんです。
上記でわかないものがある人は一度調べてみましょう。学校の授業で習ったとおりです。

では、これが説明的に書き換えられるとどうなるでしょうか。

①それぞれのから等距離にあり~~
または、直線と点が最も近い距離にある点~~(点と線のなす角が垂直)
②それぞれのから等距離にあり~~
すべての点が等距離~~
60°

こんな感じで書かれると急に分からなくなりますが、やる事は番号に合わせてやるだけなのでいたって簡単である。

・・・・演習・・・・
壱、75°を作成せよ。

答え、60°の半分は30°、30°の半分は15°。60°+15°=75°
つまり使用しているのは4、2
他にもありますが、75°なんて実は簡単に書ける。

その他にも接線等ありますが、あれも考え方では90°で繋がっているだけですし(中3)

独特な言い回しなんかには慣れておかないと!コンパスは円しか書けないですから。

あとは演習あるのみです。コンパスでたくさん問題を解く事が、できるようになる為の最短ルート!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

努力あるのみ!

個別指導塾の学習空間、小瀬・石和教室の深澤です!
11月に入り朝方はだんだんと寒く、冬が近づいていますね。

突然ですが、本日は11月10日ですが、なんの日かお分かりでしょうか?
本日は「肢体不自由児愛護の日」という日になります。

私には病気で車いすで生活をされている友人や病気で何度も手術を繰り返し行っている友人がいます。
彼らは私の教え子というわけではない10代の少年達です。

まだ私がその方々とお会いする前は街で車いすなどの方を見ても「大変だな。」と思うか、無関心でした。
ですが、友人たちと出会い、彼らと交流する事によって、人一倍努力家であったり、誰よりも元気に過ごしている姿をみて驚きでした。
いろいろお話を重ねていく間、彼らに「なぜそこまで前向きになれるの?」と聞いた事があります。
彼ら曰く、「初めは足が無くなってしまったり、今までと同じような動きをするだけでも凄く苦労してきたけど、無いものは凹んでいても仕方ないから、今、この状態で頑張れる事を頑張ってるよ」と、言っていました。
確かにいつかは立ち直れるかもしれませんが、そこに行きつくまでには私達では想像もつかないほどの苦労があったと思います。

足の不自由な少年は今高校生で一生懸命バスケの練習に励んでいます。
いつか試合に出るんだ!と熱心に語ってくれました。

あまり時間も無く、世間では、また感染者が多くなってきたりと、なかなか二人に直接会いに行く事ができませんが、最近は、よく二人からゲームに休日誘われて一緒に遊ぶ事もあります。

私は塾講師として今までに何人もの生徒とお会いしてきました。
いろいろな子達と会っていろいろなものを私も教わり、前向きに頑張らなきゃなと思っています。

テストが続いてつらい。
勉強したくない。
疲れた。

と勉強となるとネガティブになる子達は大半ですが、どこかで必ず努力し始める事ができるきっかけがあると思いますので、私も生徒と一緒に努力して行こうと思います。

今年の受験まで後数ヶ月。
だれにも負けない!という気持ちを持ってもらえるよう指導をして行こうと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

必要??全部必要なんです。

個別指導塾の学習空間、石和・竜王教室の西田です。

日暮見ぬ 十一月の 道の辺に   (原 石鼎)

山梨の夕暮れは、山に隠れて太陽こそ見えませんが、山の間から見えるオレンジ色がまた美しく感じます。
朝と夜はぴりつく寒さとなりましたが、お昼はそれなりに過ごしやすくなったのではないでしょうか。

机に座って勉強をしているのも大切ですが、たまには外を眺めてのもいいと思います。
季節を感じて有名な俳句を思い出したり、少し不思議に思ってみたり・・・。
それも立派な勉強です。

と、前回の私のブログもそうですが、座っての勉強を全然勧めてない・・・。

実際今の生徒をみていると、「自分はこんなに真剣に勉強してたっけ?」と感じてしまいます。
当時の私の勉強・・・

ランニングしながら単語帳を読んで・・・
散歩しながら計算して・・・
ボール蹴りながら暗記して・・・

私はいつ、椅子に座っていたのでしょう。
将棋をしている時と読書しているときと調べものしているときと・・・以外は動いてばっかりですね。
しかし、高校受験や大学受験の時は私も必死でした。(椅子に座ってなくとも)

その代わり、今まで色々体験しました。
まぁ、悪いこともたくさんありますが・・・。(秘密)

百聞は一見に如かず。ということです。

椅子に座って勉強よりも実際に見たほうが楽しいですしわかりやすいですよ。
そんなもんだと私は思っています。だから座っての勉強は勧めません。

だからといって遊ぼうと思っている君は少し待ってほしい。
君は徳川家康に会いに行くつもりかい?

全て見ることができるわけではないので、やっぱり座って勉強してください。
問題を解くために集中をし続けるのも経験です。

おっと、今回の本題を忘れていたようだ・・・。
前置きが長くなりました。

最近こんな質問がありました。
「数学って必要ですか?使いますか?」
「歴史って必要ですか?使いますか?」

端的に答えを言うと「別に使わない。」じゃないでしょうか。
意見は人それぞれですが、まぁ合同証明なんて大学生から塾以外でやってませんし。

しかし、必要あるからやっているんです。
「使わないのに必要ではある。」なんて一見矛盾してそうですが。

「数学→論理力の向上」
「歴史→思考力・判断力の向上」

こちらも学問を教えている先生方はみなさん持っている答えではないでしょうか。
つまりたくさんの答えがあると思います。

上記は私の解答です。
特に合同条件は分かりやすいです。
社会に出てから使うことはないですが、人を納得させるには絶対的に必要な手順を組んでいます。

①いまから何をやるかの提示
②現状わかること
③現状から導き出されること
④このことからどうなるのか
⑤結論

実際何かを説得するときに、証明をしっかりやってきた人とあまりやらなかった人とでは、雲泥の差が生まれます。
つまり、合同証明自体には使わないけど、論理的に物事を見て伝えるということは鍛えられています。
そんな具合で大人の人たちは働いているのです。
皆さんも嫌でも頑張ってやり方を身につけましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
では、また次回にお会いしましょう。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

テストが迫る!国語の初歩的対策!

個別指導塾の学習空間、小瀬・石和教室の深澤です!

もうすぐ6月も終わり、各学校でも、定期テストが近付いてきていますね。

学校の休校期間で今年一年がどのように流れていくのか毎日、カリキュラムなどと格闘しています。

学校の進度もゆっくりじっくり進めている学校もあれば、急速に進めて通常の所に追いついたという学校もあります。

さて、今回は少し自宅での勉強についてのお話をさせて頂こうと思っています。
少しでも皆さんの自習の参考にして頂ければと思います。

よく生徒たちに、家で日曜など何の勉強をしてたの?と聞く事がありますが、大半が漢字練習や英単語練習。学校のワークと答えますが、
国語の読解!!と答えられた事はあまりありませんでした。

国語は本文を読んで答えを見つけるからわざわざ対策をしなくても本番読めばある程度点が取れる!など良く言われますが、

私は、「なぜ、テストで出る本文が範囲として出ているのに読む練習をしないのだろうか。」
「読む練習をすれば、本番ある程度速度も出て、考える時間増えるのになぁ・・・」といつも思っています。

読む練習をする事によって本文のどの段落にどのような内容が書かれているのか、すぐに分かると思います。

小学校の時に行ったであろう、家で読む宿題も今となればすらすら読む為の練習だったのではないか?
どこにどのような事が書かれているのか流れを把握する為だったのではないか?と思ってしまいます!

一度定期テストの対策として1週間毎日時間がある時に本文を読み流れを把握して見て下さい。

国語は読むのに時間がかかり、考える時間がなくなってしまう事が凄くもったいないと思います。

実力テストなどの見た事ない問題の対応はまだ難しいかもしれませんが、教科書の範囲であればすぐにでも実践して頂ければなと思います!

長くなってしまいましたが、テスト対策としてしっかり国語も他教科同様、力を入れて対策して行きましょうね♪

山梨の塾なら個別指導の学習空間

マンガっていいよ

個別指導の学習空間、石和・竜王教室の花井です!

12月に入り、寒さが身にしみる季節になってきましたね。
私の教室に通っている生徒の学校では、もうインフルエンザにかかってしまった生徒がでてきてしまったようです。
受験生はインフルエンザの予防接種を是非うけておきましょうね!

さて、学習空間は冬期休暇として少しお休みをいだだきますが、私は気になっているマンガを少し読んでみようと思っています。

というのも、私は教室の生徒とマンガやアニメの話をすることがあるのですが、最近はどの生徒も口をそろえて「鬼滅の刃」を勧めてくれるのです。

マンガは大好きです。

「マンガなんて…」と思う人も中にはいらっしゃると思いますが、私が思春期の頃にマンガから学んだことはとても今の自分に影響を与えていると思います!

もちろん勉強をそっちの気でマンガを読んでばかりいるのは良くないですが、読解力を上げることが期待されるマンガも中にはあると思います。

例えば、「デスノート」や「ハンターハンター」は特に読解力が必要なマンガだと思います。

私がいま連載中のマンガで是非、中高生に読んでもらいたいマンガは「宇宙兄弟」と「リアル」です。

「宇宙兄弟」ストーリーは以下です。(wikiより)

~謎のUFOを目撃した南波六太とその弟の日々人は、「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合う。
それから19年後の2025年、夢を叶え宇宙飛行士となった日々人は、第1次月面長期滞在クルーの一員として、間もなく日本人初となる月面歩行者として歴史に名を残そうとしていた。
一方兄の六太は、勤めていた会社をクビになってしまい、鬱屈した日々を送っていた。
そんな六太の下に、JAXAから宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送られてくる。
それは、共に宇宙を目指すという夢を諦めない日々人が応募したものであった。いつの頃からか、宇宙飛行士になることを諦めていた六太は、再び宇宙を

目指すことを決意する。~

「宇宙兄弟」から夢をかなえようとする意志の大切さとかっこよさを学ぶことができます。

「リアル」ストーリーは以下です。(wikiより)

~短距離走の有力選手であったが骨肉腫により右脚を切断、車イスバスケットボールと出会い、挫折や困難と戦い、前に進もうとする主人公 戸川清春。
小学校から高校までバスケットボールに打ち込んでいたが、バイク事故により高校を中退、生き方を見失っていたが、戸川と車いすバスケットボールとの出会いをきっかけに新たな自分の道を見つけようとする野宮朋美。
野宮と同じ高校のバスケットボール部に入っていたが、交通事故により下半身不随となり、新たな人々との出会いにより自尊心の高かった自分を変え、車イスバスケットボールに自分の新たな活路を見出そうとする高橋久信。
この3名を中心に物語が展開されている。~

「リアル」では人のやさしさと弱さ、強さを知ることができます。

勉強や学校からだけでは学べないことをマンガを通して学べることもあると思います。
是非、色々なところから色々なことを感じて成長していってくださいね!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

「感謝をたいせつにする」ということ

個別指導塾の学習空間、石和教室の宮嶋です!

2019年、初めてのブログです。
せっかくなので、ちょっとまじめなお話を書こうと思います。

「感謝をたいせつに」「感謝を忘れない」ということをよく聞きます。
確かに、文句のつけようのない言葉だと思いますが、
   では、 なぜ感謝をたいせつにしたほうがいいのでしょうか。

僕の考えは、「感謝をすれば、まわりの人やまわりの世界から、自分に向かって流れているエネルギーに気づけるから。」というものです。

エネルギーというと何か怪しげな感じがするかもしれませんが、

たとえば、「お母さんが作ってくれたごはん」「お父さんが駅までおくってくれたこと」「友達がかけてくれた言葉」「レストランのおいしかったパスタ」「高い高い冬の空の青さ」。

これらは「愛情」「親切」「ぬくもり」「友情」「美しさ」「おいしさ」「しあわせ」といいかえることもできます。

感謝とは、このようなことに気づくことだと思うのです。 そして、それに気づくことは、元気や勇気になります。

受験生はとくに、いろいろな不安におちいりやすい時期です。
不安におちいると、自分のことでいっぱいいっぱいになり、まわりが見えなくなります。

そういうときほど、「感謝すること」を思い出してほしいと思っています。

感謝は強制されると重荷になります。 ですが、 自分から出た感謝は、勇気や生きる力につながります。

えらそうに書きましたが、僕がこう思えるようになったのは、30歳過ぎてからです。

以上、年のはじめなので、いつもよりまじめに、中学生だったころの自分に向けたつもり書いてみました。

それではみなさま、 よい年にしましょう。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

体調をくずしやすい季節・・・ 元気ですか??

こんにちは、 個別指導の学習空間 石和教室・家庭教師の学習空間プラス 講師の宮嶋です。

9月の初めから、急に寒くなる日が増え、体調をくずす人が多いようです。

とくに急な冷えは内臓に来るので、さいきん「おなかがいたい・・・」という生徒の声をよく聞きます。

若い若い生徒たちですら、そうなのですから、おじさんである私はもっと大変かというと・・・。大丈夫です。

なぜなら、『はらまき』という強い味方がいるからです。

はらまきは、おなかの冷えだけを防ぎつつ、体のほかの部分を邪魔しない、すばらしい助手です。

見た目では「ダサい、カッコわるい」と感じる気持もよくわかりますが、

カッコよく腹痛に苦しむか、カッコわるく元気にすごすか、  私は後者を選びました。

山梨県ならホームセンターやオギノなどで1000円くらいで買えるので、だまされたと思って、ためしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと少しで教達検です!!  まだまだまだのびます。

最後まであきらめない心は、今回、たとえ失敗してしまったとしても、次の成功につながります。

教室で待ってます!!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

おじさんの暑い夏!

個別指導塾の学習空間 石和教室の宮嶋です!

夏生まれの自分は、つい先日、39歳になりました! いよいよ押しも押されぬおじさんです。

おじさんが最近はまっているのは、「2歳の娘がおいしく健康に食べられる朝ごはんづくり」です。

夏は野菜が豊富で、トマト・キュウリ・ズッキーニ・たまねぎ・レタス・キャベツなどなど、いろいろな材料が手に入ります。

これを朝の6時から切ったり、炒めたり、煮たり、塩もみしたりして、娘の好きそうな朝食を作ります。

睡眠時間3時間で一生懸命作り上げた料理を、「さあ、どうぞ!」と差し出しても、娘の気が向いていないと、無視されることもしばしば。涙

それでも毎朝がんばっております。

さて 8月に入り、うかうかしているとすぐに夏休みも後半になります。

暑い中、遊びたい気持ちをおさえて、夏季講習に来てくれる生徒たちは、苦手な科目と真剣に向き合い、毎回、なにかしらをつかんで帰っていきます。

最近、あらためて思うのは、勉強の目的は「数学ができる力」「英語ができる力」をつけることではなく、「なにかに向かってがんばれる力」をつけることだということです。

夏季講習後半もがんばりましょう!  おじさんと・・・♡

山梨の塾なら個別指導の学習空間

さくらも盛りをすぎて、入学シーズン!!

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリア 石和教室の宮嶋です!

受験シーズンが終わって一息ついたら、あっというまに春ですね!!

僕は教室の春休みに、伊豆半島に家族旅行にでかけました。
もちろん、おめあてはカピバラ温泉です。
伊豆シャボテン公園というテーマパークの中にあり、世界最大のげっし類(ネズミの仲間) カピバラが気持ちよさそうに露天風呂につかっていました。
1歳半の娘は、喜ぶ余裕もなく、ずっと不審そうな顔をしておりました。
親の趣味につきあわせてすみませんでした。

夜は地魚をふんだんに使ったお寿司をいただき、元気をいっぱいもらってかえってきました。

現在、石和教室では前学年の復習をひとまず終えて、新学期の予習に切り替えています。

最初のテストは一年で一番得点しやすいテストなので、ここではずみをつけるたいところです。

とはいうものの、入学式・始業式が終わったら、しばらくは新しい環境・学年になれるのに大変かもしれません。

それに、朝夕はまだまださむいので、体調をくずさず、げんきに新学期をむかえましょう(^_-)-☆

山梨の塾なら個別指導の学習空間

昼はあつく、夜は寒く・・・(>_<)

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの宮嶋です!

最近、昼が暑く、夜は寒くて、大変です! 昼は半そでくらいがちょうどいいのに、夜になると長袖でも寒いくらい・・・。

しかも乾燥しているので、のどが痛みやすく、風邪をひいている生徒が多いです。 なんとか体を慣らしていきたいですね!

個人的にはもうすぐ、年に一度の身体検査があります。

30後半のおじさんにとって怖いのは、胃カメラです・・。 胃の中に、カメラのついた管を通す、あれです。

ぼくは今度で3回目になるのですが、一度目は上手な技師さんだったので、ラクでした。
 
しかし去年は、ちょいと乱暴な技師さんだったので・・・。 「自分て、物体の一種なんだなあ・・・」と痛感することができました。

今年は上手な技師さんになりますように・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ中学生は総体があります。 塾に来る生徒たちも、会うたびに真っ黒に日焼けして、つかれてはいるものの、いきいきとしていて、こちらも元気をもらいます。

それが終わったらすぐに次の期末テストです。

たいへんな時はみんな同じ。  たいへんさの中に、毎日毎回毎時間の中に、自分の成長を感じられる生徒になってほしいし、それを味わってもらえるよう、自分自身も成長していきたいです。

山梨の塾なら個別指導の学習空間