2019年 8月 の投稿一覧

2学期!!

個別指導の学習空間、竜王・櫛形教室の吉瀬です!

夏休みも終わり、2学期が始まりました!皆さんは夏休みをどのように過ごしましたか??
たくさん遊んだ人、部活に全力だった人、勉強漬けの毎日だった人、様々だと思います!
私は高校の友達と2.3年ぶりくらいにゴルフに行ってきました!非常に暑くて後半は死にかけていましたが(笑)
やはり練習をしていないと全く打てないですね!私の打球は右に左にとあちこちにいってしまい走り回りました(笑)
しかし、体を動かすと気持ちが良いですね!非常に疲れましたが久しぶりに有意義な夏休みを過ごせました!
また行きたいですね!次はもっと涼しい時に(笑)

明日から9月になりますが、まだまだ残暑が続くので体調管理には十分に気をつけて2学期をスタートさせていきましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

それぞれのスタミナ

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

8月も最後の週を迎え、明日から2学期がスタートする学校も多いと思います。
つい先日、前期・後期併せて16日間の夏期講習が終了しました。
各生徒、自分の目標を立てて、講習と通常のレギュラーと頑張ってくれました。
休み明けのテスト結果等はまだ出ていませんが、確実に言える成果として、生徒一人一人に「解くスタミナ」が付いたと指導する側として確信しています。
受験生だけでなく、高校生は勿論、小中学生も含め、学年学校問わず一人一人が、教室の集中できる雰囲気の中でベストを尽くしていました。
そして講習が終わった後も、講習を頑張ったから通常のレギュラーはそこそこでいいやとならなかったことも、教室として誇れることだったと思っています。
今お伝えした通り、夏期講習中は学習時間が長くなる曜日があります。
私は、どの生徒にも夏期講習で来塾した際に、「今日はレギュラーもあるから、その辺りも含めてスタミナを切らさないようにメリハリをつけて勉強していこう。」と毎年声をかけています。初日のみならず、基本的に毎回かけるようにしています。
自分のかけた言葉が少しでも力になっていれば、指導している者としてはこの上ない喜びです。
実際に力になっているかどうかは生徒達の学習姿勢からしか判断はできないのですが・・・。

それから、生徒に伝えている言葉は自分自身にも返ってくると感じます。
夏期講習中は講師側もメリハリをつけて指導していかないといけません。
実際に1日が終わった時は脚が少々、張っています。(汗)
生徒が「解くスタミナ」をつけたのに対して、講師側も「指導するスタミナ」、生徒を育てるを指導理念に掲げている学習空間的に表現するなら「生徒を育てるスタミナ」を講習を通して普段以上に獲得出来ていたら、嬉しいことです。

つい2日前に最後まで残って夏期講習の振替を頑張っていた生徒がいました。
その生徒と漢字のチェックをしていた際に話が少し進んで「情けは人の為ならず」ということわざの話になりました。
この言葉はよく、何でもかんでもやってあげると相手が甘えてしまって、結局その人の為にならないという意味で一般には使われている言葉なのですが、本来の意味は「人の為に懸命にやったことは巡り巡って、その人の処へ返ってくる。結局は人の為に、尽力することは自分の為になっているのだ。」という意味だと、私は以前、本で読んだことがありました。
その話をその生徒にしたところ、とても良いリアクションをしてくれました。
今、振り返って書いているとその現象も伝えていることが生徒のリアクションが良かったため、こちらの嬉しい気持ちになれて、やったことが自分に返ってきているとこじつけたくなります((笑))
そして反応がこちらから見て今一つだったとしても、いつも同じように自分のベストを尽くして伝えるべきことを伝えることが「指導するスタミナ」そして「生徒を育てるスタミナ」だと思います。

そんなことを考えながら、また明日から指導に邁進したいと思います。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

日本の野球場は、どっち向きが多い!?

個別指導塾の学習空間、小瀬教室の加藤です!!

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。熱中症対策や体調管理など細心の注意を払って下さい。
さて、今年は令和に元号が変わって初めての夏の高校野球大会が甲子園球場で行われています。
そこで、今回は、「野球場」に関する雑学をご紹介します。
突然ですが、「日本の野球場はホームベースから見て、南方向を向いていることが多い」らしいのですが、なぜだか分かりますか??
それは、守備に就く選手たちが、昼間の試合で太陽がなるべく視野に入らないように配慮して設計したためだと言われています。(諸説あります)

なぜ、そうしたのか?
という、原因や理由を考え興味を持って取り組むと学習の効率はすごく上がると思います。勉強に限らず、なぜこの練習をするのか。このやり方がいいのか。それを考えることはとても大切ですね。
教室に来てくれる生徒たちにも、一つでも二つでも多く知らないことに興味を持って頂ける、楽しい教室・楽しい先生を目指してこれからも努力します。
皆さんも、体に気を付けて、2学期以降も一緒に頑張りましょう!!

それでは、また教室でお会いしましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

盆地の盆

個別指導塾の学習空間、富士吉田・都留教室の大江です!

ひたすら暑い・・
そして、やけくそで太陽に焼かれようと外に出ると、急な夕立でずぶ濡れ・・
自暴自棄になりそうな今日この頃です。

さて、今の時期はちょうどお盆ですね。
毎年、風物詩のように高速道路が渋滞になっています。
ジブリ風に言うと、車がゴミのようです。

そんなお盆ですが、その語源は諸説ありますが、有力なのはサンスクリット語の「ullambana(ウラムバナ)」の音写「盂蘭盆(うらぼん)」だそうです
そして、お盆と略されるようになったのは、その時期に器にキュウリやナスなどの供え物を盛り、先祖の霊をもてなしたから(器の盆とかけた感じ)だそうです。

外国の言葉を受け入れ、それを日本独自の文化に昇華させた、そんな昔の人の創意工夫には脱帽するしかないです。
炎天下では脱帽すると頭皮が熱くなるのでしませんが。

とにかく、頭皮が焼けるほど暑いのは間違いないので、皆さんも熱中症にかからないように冷房や水分補給を忘れずに、気持ちよく夏休みを過ごしてください。

山梨の塾なら個別指導の学習空間