2017年 3月 の投稿一覧

happiness+。

個別指導塾の学習空間、甲府西教室担当の堀内です゜+。(。ˊᗜˋ。)゜+。

今日で3月も終わりますね。
出会いと別れの春とは言いますが
泣き虫の私にとってはとってもつらい時期です(。>﹏<。)
先日、塾を卒業する生徒からお手紙を頂きました。

その手紙の中の一文に

先生に出会えてよかった

と書かれていました。

涙が止まりませんでした。
私と出会えてよかったと思えてもらえて

私は本当に幸せ者です。

私も出会えてよかったです。
たくさんの元気をくれてありがとう。

私を必要としてくれている人がいるというだけで
つらいことがあっても全然頑張れちゃう気がします(*´∀`*)ノ。+゚ *。

卒業式は大分前でしたが
卒業生の皆さんご卒業おめでとうございます。

新しい環境に身を置くことになり
どきどきやわくわくの中に不安を抱えてるのではないかと思います。
慣れるまでは大変かとは思いますが
困ったらいつでも相談しにきてください!!!
顔を見せてくれるだけで嬉しくなります୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

たくさんの温かい言葉
たくさんの笑顔
たくさんたくさん元気をくれてありがとう

みんなの明るい将来に
少しでも多くの笑顔を
山梨の塾なら個別指導の学習空間

今年度も終了!!

個別指導の学習空間、都留・櫛形教室の吉瀬です。

先日野球の世界大会、WBCが行われていましたね!
前評判はあまり高くなかった侍ジャパンは、1.2次ラウンドを全勝で突破。
大会前は自分もあまり気にしてなかったんですが、準決勝進出を決めた後はしっかり見ていました(笑)
準決勝も非常に惜しい試合でしたね!
たらればが多かったと思う試合でしたが、素晴らしい試合でした!
侍ジャパン、感動をありがとう!!

そして昨日山梨エリアでBBQを開催しました!
今年もたくさんの生徒が参加し、非常に盛り上がりました!
来年度も行うので皆さんぜひ参加して下さい!!

4月からは新しい学校・学年となり新しい環境となります!
まずはその環境に慣れていき、努力をしていきましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

受験が終わりましたね

個別指導塾の学習空間、白根教室の森井です!
受験がほぼほぼ終わりましたね。
山梨は公立の高校の後期入試の発表が終わり、いい結果が出た人とそうでなかった人といるとは思います。
しかし、よくいいますが学校は入学して終わりではありません。
入ってからが本当の勝負が始まるのです。
いい中学。高校・大学等々に入ったからと言ってそこでただぐだぐだと過ごしては何も残りません。
逆に、第一志望でない学校に入ったからといってもそこで刻苦勉励精進すれば、長い目で見れば立ち直りはきくと思いますし、出来ると思います。
そういう私も大学受験で、受験したとはいえ、入りたくないなと思っていた大学しか受かりませんでした。(理由はすごく当時その大学が物騒だったからです)
しかし、紆余曲折はありましたが、いい人間関係を築くことができまぁまぁいい未来が切り開けたと思います。
出てしまった結果を悔やむよりもそれを覆すような努力をして自分の道を切り開けたらいいと思います。
私が高校の時にお世話になった先生が卒業する頃にいってくれた
「Bloom、where you were planted」植えられたところで花を咲かせなさい
これから先、自分の好きにならないことが多くなってくるでしょう
だからどこであれ全力で頑張ってください。
山梨の塾なら個別指導の学習空間

いよいよ

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です!

早いものでもう3月!

個人的には花粉がツライ時期です・・・

高校3年生はもう学校を卒業してしまいましたね。

そしてこれから新生活を迎えると思います。

県外に進学する人も多いですね。

1人暮らしに不安を抱えている人も多いと思いますが、自分自身にとって本当に良い経験になると思います。

見分を広める絶好の機会にもなると思うので是非楽しんでもらえたらと思います。

また勉強以外にやりたいことがあったら是非やってみてください。

就職してからでは中々出来ない事も多いです。

やってみたいことはチャレンジしましょう!!

さていよいよ来週は公立高校の後期入試です。

受験生にとっては長いようであっという間の1年だったのではないかと思います。

ここまで一生懸命頑張ってきました。

今まで頑張ってきたことを本番に全力で出してきてください。

私たちも応援しています!(^^)!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

感謝の心で

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

昨日から3月に入り、高校入試当日までの残りも1週間足らずとなりました。

私は、月の初めや終わり、またテストの結果が出た後などを節目として、生徒に気持ちの持ち方について話すようにしています。

最終倍率も出て、生徒1人1人が思うところがあると思います。

「合格は通過点。高校生活の充実と3年先を考えて自分の取り組み方を意識しよう。」

これは入試直前の今だけでなく、3年生にはずっと伝え続けてきたことです。

それがあってかは分かりませんが、前期で合格が決まった生徒でも今までと変わることなく、気持ちを切らさず真剣に取り組んでいる生徒や1・2年生でも定期試験が終わったその日でもしっかり教室に来て頑張っていく生徒を見ることが出来ます。
結果として、受験生ではない生徒達の頑張りが教室の雰囲気として、受験生にも力を与えてくれていると思っています。

自分が本気で伝えていることが、少しでも形となって顕れる瞬間に出逢えることは、この仕事をしていて最大の喜びの時でもあります。

昨日の教室指導では受験生1人1人に

「倍率が出て、何かしら感じるものがあったと思う。それがどんな感情であれ、肯定しよう。そして受験生として過ごせるもの、残りわずかでもある。そのことを、どうとらえるか。受験できることに感謝の心で対応しよう。何かひとつのことに本気で向き合える機会に今いることは実は本当に有り難いことだから、感謝の心で受験当日を迎えられるように残りの1日1日に集中しよう。」

ということを伝えました。

以前にも書いた気がするのですが、生徒に本気で伝えていることは自分自身に対しても本気で伝えていることになります。
指導している自分自身が指導出来る事に感謝出来るかが試されているのだと思います。

今日も与えられたこの1日を全力で生徒の力になりたいと思います。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス