2016年 2月 の投稿一覧

入試直前!

個別指導塾の学習空間、竜王 富士吉田教室の松木です!

ついに高校入試後期試験5日前!

ラストスパートかけて受験生のみなさんは頑張ってくれていると思います。

「最後に勝つのは強い気持ちを持って頑張っているヤツだ!」

最近口癖のように教室でも自分も言っている言葉ですね(^O^)/

また富士吉田でもとてもインフルエンザが流行っています。

入試前のこの時期にさすがにかかりたくはないです。

かくいう自分も最近インフルエンザにかかりまして・・・

生まれて初めてインフルエンザにかかりましたがあんなに辛いものだったとは・・・

手洗い うがい マスクの着用は徹底していかないといけない事を痛感しました。

みなさんもこの時期に体調を崩すことの内容に万全の準備で入試に臨んでいきましょう!

悔いを残さず全力で今やれることに取り組んでいきましょう!

それではまた。
山梨 :山梨の塾なら個別指導の学習空間

一期一会☆

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、竜王・石和教室の桂木です!

先日、高3生は国立の前期試験でした。
結果が出るまではドキドキですね。。。
そして、とうとう中3生は受験寸前です。
不安もたくさんあると思うけど、不安にばかりなっていても仕方ありません。
今まで努力してきたことを、しっかりと思い出して、
自信を持って受験に臨もう!!

もうすぐ厳しい冬が終わり春が来ます。
春は別れの季節でもあり、出会いの季節でもあります。
私は「一期一会」という言葉がとても好きです。
どんなに大切な人との時間ももちろん永遠ではありません。
だからこそ、今ある環境や周囲の人と過ごせる一瞬に
感謝し、全力で一日一日を過ごしてきました。

大きな目標や夢に向かって、羽ばたいていくみんなを
陰ながら、いつでも応援しています!!
今までありがとう(*^^)v

山梨の塾なら個別指導の学習空間

後期入試間近!!

個別指導の学習空間、都留・櫛形教室の吉瀬です!
2月も残りわずかとなりましたがまだまだ寒さの厳しい時期ですね!

時期といえば今週の火曜日に高校入試後期試験の倍率が発表されました!
試験まで残り一週間となりましたが過ごし方や勉強のやり方次第ではまだまだ点数は上がるはずです!!
最後まで諦めずに頑張りましょう!!!

倍率が1.00を切っている方も多くいるかと思いますが、決して油断はしないようにしましょう!
高校入試も何が起こるか分からないものなのでしっかりと見直しや確認をして合格を確実のものにしていきましょう!!

あと5日ほどで卒業シーズンの3月になり、友達や仲間との別れなどもあると思いますが、
最後は悔いの残らないように努力をし、笑顔で卒業をしましょう!!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

春はそこまで

個別指導塾の学習空間、白根・韮崎教室の森井です!
最近は寒暖の差が激しくて体調管理がすぐれません。。。
みなさんはキチンと体調を維持できているでしょうか?
なんでも、今年はインフルが流行るのが遅れたせいで、A型とB型のインフルエンザが同時に流行りだし更にそれに花粉症も相まって3段攻撃に注意してください、というようなニュースを見ました。本当に新聞を見ていると毎日、学級閉鎖や学年閉鎖の教育機関の発表が消える日がありません。
時期的にも期末テストやら入試やらで立てこんでいると思われますので、どうぞ無理をなさらずにしっかり準備をして試験を迎えてほしいですね。
ところで、この冬は山梨に来て初めての体験をしてしまいました。
それは…
水道管が凍る、というものでした。
正確には湯沸かし器の管の水が凍ったのですが、何が嫌だって水道は出るのにお湯が出ないと気付いたのが服を脱ぎ終わって、朝起きて、「さぁ、シャワーを浴びよう」というところだったということです…。
如何ともしがたい状況にひたすら耐えました。
やはり、事前に色々とたしかめることは大切だと実感する体験でした。
凍結防止の装置が付いているからと言って、やはり絶対ではなかったのです。
これは勉強も同じだと思います。勉強はどんなにやってやり過ぎることはない、昔そんな話を聞いた気がしますが
確かにそうだと思います。
これから山梨では高校の後期一般入試が控えています。
決して安心せず最後まで確認しながら試験を受けてほしいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

春一番!?

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です!

今日は本当に暖かかったですね!

甲府では20度を越えていたみたいです。

吉田教室の前に残っていた雪もみんな解けていました(^^♪

でも明日は10度以上下がる予報・・・(+o+)

気温の落差が激しいので体調管理に気を付けましょう。

そうでなくてもインフルエンザが流行してます(>_<) 学年閉鎖や学級閉鎖になってしまった学校も多いみたいです。 受験も間近になっているので本当に怖いですね。 うがいや手洗いの徹底、マスクの着用、消毒など心がけていきましょう!! さて、中学3年生は後期入試まで20日を切っています!! 短い期間ですがまだまだ出来ることはたくさんあります。 集中して乗り切れるようにしましょう! そして最後の期末も残り2週間を切っているところが多いと思います。 今週、来週でしっかり対策をし、試験に臨めるようにしていきましょう(^o^)/ 山梨の塾なら個別指導の学習空間

いよいよ高校入試!(`・∀・´)

個別指導塾の学習空間、敷島・昭和田富教室の野田です!

山梨県高校入試が3月3日にあります!!
あと20日しかありません(´・ω・`)
皆さん大丈夫ですか?
ここまで来たらクヨクヨなんてしている暇ありませんよ(・へ・)ヨクナイ!
もう突っ走るだけです!!
この3週間は遊ぶのも我慢して、4月から笑って高校へ行けるように勉強を頑張りましょう!!

周りには前期入試で合格した友達もいると思います。
私の教室の生徒も、学習空間の前期講習を受講して、前期試験に合格しましたO(≧▽≦)O
でもその生徒たちも前期入試に向けて頑張ったからこそ合格したのです!!
後期入試を受験するみんなも同じように頑張りましょう!!
そうすれば結果は付いてくるはずですヽ(´▽`)/

入試直前で大切なことは、勉強することはもちろんですがまずは体調管理だと思います!
最近インフルエンザが流行っていますΣ(゚д゚lll)
生徒からも学級閉鎖や学年閉鎖などの話も聞いています。
気をつけていてもならないわけではありませんが、その確率を大幅に下げれると思います!
まずはうがいや手洗い、マスクの着用は必ずしましょう!
万全の体調で受験できるように日頃からそういった意識をすることで変わるのではないでしょうか?
学習空間の先生たちは、皆さんが入試ですべての力を発揮できるように全力でサポートしていきます!!
入試直前で悩みやストレスを感じることもあると思います。
そういう時は教室の先生に聞いてもらうのもひとつの手ですよヾ(*´∀`*)ノ
いい答えが必ず返ってくるにちがいないです(o^^o)♪
入試まであと少し!!一緒に頑張っていきましょ~(≧∇≦)/

ではまたの機会に(^_-)-☆

山梨の塾なら個別指導の学習空間

前期講習&直前講習→入学試験

個別指導塾の学習空間
櫛形教室・甲府北教室の田中です。

まずは、前期対策講習会と前期試験
お疲れ様でした!
教室の方でも面接及び小論文の対策を実施しており
中学1年生から通ってくれている生徒さんはこの試験を通じて
少しだけ大人びて見えるようになりました。
いつの間にか、背も越されそうですw

面接はみな緊張したと言っていたけれども、練習を見ていた私は
大きくその生徒の中の何かがたくましくなったように感じたのです。
前日はキットカットとほっかいろを渡して送り出しました。
祈るばかりです。

火曜日に結果が通達されますね。
河手先生も書かれていましたが
やれるだけのことはやったので、結果を信じて待ちましょう☆

後期試験もいよいよ残すとこわずかです!
まだまだ緊張感に欠ける生徒さんもいて
僕の方がハラハラしています。

焦らないで、けど急いで確実に一問でも多く取れるように
今出来ることを精一杯、積み重ねましょう!

体調に気をつけて、残りファイトです!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

変えられるものと変えられないもの

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

前回、ブログを書いたのが昨年2015年の大晦日。ほぼ1ヶ月ぶりの投稿になります。

あっという間に過ぎ去ったこの1ヶ月でありましたが、冬期講習、前期講習、直前講習の開始、教室の大掃除等々、力の出せる場として意気に感じて指導する場に恵まれました。

先日、前期試験が2日間に渡り、実施されました。

発表は2月9日なので前期を受験した生徒にとっては待つ身として、長く感じる期間になると予想されます。

今日も前期を受験した生徒が2名教室に来ました。

前期試験終了後、初めて顔を合わせた為、試験内容や出来について話を聞きました。

指導する側としては、来年度以降に向けて、情報を得ておくことはやらなければならないことです。

その上で、発表までの過ごし方についてもアドバイスをしました。

私が伝えていることはシンプルに

1 結果を待っていて悶々とする気持ちを、しっかり認めること。

2 認めた上でそれを肯定すること。真剣に準備してやってきた結果が気にならないはずはないですから。

3 そして、その上で、ベストを尽くすこと。

以上の3つです。

前期の結果は変えられません。

冷静に試験内容を分析してみて、あの質問にはもっとこう答えれば良かったなど、考えることは自然です。

しかし、当然変えることのできる領域にありません。

変えられることがあるとすると、結果をどう待つか。

つまり、待ち方にあると私は思います。

先日、バルセロナオリンピック・柔道金メダリストの古賀稔彦さんが選手を指導する場面をテレビで見る機会がありました。

古賀さんの指導で一番印象的だったのが、厳しい稽古をして選手を高めていく。その上でもう一段上の練習を選手に課すのですが、そのもう一段階上の指導を受けるか受けないかは選手に選択させていることでした。

選手の中にはきつくて、区切りの良い部分で終わりたい心理が表情に出ている人もいました。

その時に古賀さんは

「一流は、苦しいと思った後こそ、自分を高めることできる場であると考えるもの。技術は各個人で天性のものというは存在するけれど、考え方は誰でも一流になれる。その上で、自分で決めなさい。」

と声をかけられていました。

オリンピック大会期間中に怪我をした中で金メダルを獲得した方の言葉だけに重みを感じました。

古賀さんの指導姿勢から学ぶことは、自分を高める為に前向きな解釈を主体的に選択することです。

解釈は自分の変えられる領域です。

受験まで、残り期間、前向きな解釈の向こう側に生徒の成長と自分の成長があると考えて頑張っていきたいと思います。

ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間