2015年 1月 の投稿一覧

あっという間に

個別指導塾の学習空間、白根・韮崎教室の森井です!
気がつけば今年ももぅ、センター試験がおわり受験シーズンが本格的に到来しそうですね。
中学3年生は前期対策の特別講習や来月からは日曜日も入試対策指導があります。
という忙しい中にやってしまいました。先週、日曜日の前期対策講習の片づけをしている時に長机を持ったら…、腰に軽く電流が走りました。まぁ、痛いけど平気かと帰って痛いから寝れば治ると寝たら…激痛で動けなくなってる!!知り合いが昔、似たような事になって似たような事を言っていたけど当時はどんなものか知らなかったので馬鹿にしていましたが、本当でした…体が固まって動けなくなってしまいました。
そしてまさかの深夜の救急搬送=3
本当に痛くてびっくりしましたが、なんとか今は回復しつつあります。
学生のみなさんもインフルエンザや風邪などがはやっているようですので、しっかりと体調を管理して、来る入試や定期試験に向けて頑張っていきましょう!!!
ここから一カ月は病気・怪我をせず走っていきます!!
山梨の塾なら個別指導の学習空間

個別指導塾の学習空間、敷島・昭和田富教室の野田です!

皆さん体調はいかがですか?
最近、インフルエンザが流行っていますね((+_+))
私の教室の生徒もインフルエンザにかかった生徒がいます、、、
勉強をするにも何をするにもまずは身体、体調が一番ですよね(*_*)
手洗い、うがいは必ずするようにしましょうね(^_-)-☆

さて、山梨の学習空間では公立高校の前期入試の対策として前期講習をしています!!
受講生は初めて会う先生に面接をしてもらったり、適性検査の対策や面接の内容を考えたりと頑張っています(^^♪
様々な先生に意見をもらえるこの講習はとてもよい経験になると思います!!
あと約1週間ちょっとで前期入試がありますが、最後まであきらめず頑張ってください!!
学習空間の先生は皆、全力でみんなのサポートをしてくれます!!
受験生のみんなは入試を一緒に乗り切って、笑顔で春を迎えられるように頑張りましょう(*^_^*)
ではまたの機会に(^_-)-☆

山梨の塾なら個別指導の学習空間

大雪っ!

個別指導の学習空間、甲府西・都留教室の上條です!

今日は、教室に来る途中、大雪でした(-_-メ)

路肩で止まっている車や、事故でプチ渋滞を作ってる車を来る途中でみかけました。

そんな中、無事に教室に辿り着けてホッとしました。

こうした折に、考えさせられることがあります。

普段、当たり前に感じていることも、実は当たり前ではないのだと。

普通に生活し、食事をし、勉強をすること。当たり前が日常にあふれているように

錯覚しますが、実はこうしたことの一つ一つがとても尊いことのように感じます。

中3生は、入試までもうすぐです。

精神的にも肉体的にも追い詰められて来る時期かもしれません。

ですが、受験勉強できることは実はありがたいんだ。

そんなことを少し考えてほしいな、とふと思いました。

さて、ここから高校決まるまで、もうひとふんばり!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

2015年を繋ぐもの

個別指導塾の学習空間、甲府西・櫛形教室の河手です!

2015年がスタートして早2週間。

新年のスタートをそれぞれの想いできったことと思います。

私は元日から偶然、教室の生徒に会うというスタートになりました。

お正月は毎年楽しみにしている箱根駅伝を堪能し、5日から冬期講習で今年の仕事始めとなり今日に至ります。

考えてみるとお正月はテレビでスポーツを目にすることが多いですよね。上で挙げた箱根駅伝以外にもサッカー・ラグビーなどなど。
自分がやっていない競技でも入れ込んで見てしまいます。

先に触れたように箱根駅伝ファンの私は、関連書籍などが出ると必ず購入しています。ちなみに今年も『箱根駅伝 襷をつなぐドラマ』(角川書店)を1日で読んでしまったほどです。
監督の指導に対する考え方・選手一人一人のチームへの想い・テレビ局の中継の工夫など画面を通してだけでは分からない部分を知ることが出来るのが本の魅力です。

以前、松下幸之助さんの講演を録音したCDを聴いたことがあります。
そのCDの中で松下さんは次のように語られていました。
「先日、夏の甲子園が終わりました。数万の観衆が球場に足を運び、さらにテレビ、ラジオを通して何千、何万の人々が熱い視線を送ったことでしょう。しかし、何故、あそこまで人々の心を引き付けるのでありましょうか。それは勝っても泣き、負けても泣くという真剣さが人の心を引き付けるからなのだと思うのであります。
しかし、あれは本業ではありませんな。皆さんの仕事は本業としてあります。本業である仕事にあの球児達のように勝っても泣き、負けても泣くぐらいの気持ちがなければ、私は嘘だと思うのであります。
また、勝っても泣き、負けても泣くぐらいの気持ちで本業に取り組んだなら、世間の人の心をとらえることもできると思うのです。」

改めて思います。この話の通りだと。甲子園を箱根駅伝に置き換えただけで私自身が箱根駅伝に魅せられる理由が説明されています。

本気だから人の心に届く想いというのがある。
忙しさに負けず、そんな想いで2015年の襷をつないでいきたいです。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間