昭和田富教室

理想の睡眠

こんばんは!個別指導塾の学習空間、昭和田富教室の河西です。

突然ですが皆さん、最近よく眠れていますか?ゆうべは何時に布団に入り、何時に起き何時間眠れたか覚えているでしょうか?
8時間は眠れたという人もいれば、5時間くらいしか眠れていないという人もいるかもしれません。
また、中学生、三学期制の高校生の皆さんは現在期末試験が近づいて不安で眠れない、あるいは寝る間も惜しんで勉強に打ち込むということもあるでしょう。

しかし、睡眠時間を削るのは多くの場合悪手となります。睡眠中に記憶が整理されるという説(一応反例もあり)は有名ですが、それ以上に体力が落ちて頭の回転が鈍くなり、効率が下がるのが大きな理由です。塾生の皆さんには今の時期は可能な限り通塾してもらいたい。というのが正直なところですが、体力が足りないと途中で気力が尽きて思うようにはかどらないということも案外起こり得ます。なので、学校生活+部活+塾という社会人顔負けのハードな日々に打ち込んでいる皆さんにこそ充分な睡眠を確保してほしい、という訳です。

では、充分な睡眠時間とは一体どのくらいなのでしょうか?一般的には7~8時間と言われていますが、実は個人差が結構あるのではっきりとはしていません。9時間は必要だという人もいれば、4時間で充分という人も実はいます。そのため自分に合った睡眠時間を探すのがおススメです。私個人の目安としては、目が覚めたとき手足は動くけど考え事が上手くできないときは睡眠不足、目ははっきり覚めて頭も回るけど体が重いときは寝すぎと判断しています。ちなみにどちらも日中に疲れてきて眠くなります。そう考えると日中全く眠くならない日こそ充分な睡眠時間をとれたと言えるのかもしれません。(当然かもしれませんが)

皆さんもまずは8時間を目安に眠ってみて、そこから短くしたり長くしたりして自分に合った睡眠を見つけてみてはいかがでしょうか?
良い睡眠は頭だけではなく、身長を伸ばしたり肌を良くしたりストレスを減らしたりと良いことは他にもたくさんあります。睡眠は人生の三分の一をかけるとも言われているので、是非大事にしてあげてください。

それでは、皆さん。お休みなさい!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

新年度の決意

個別指導塾の学習空間、昭和田富教室の山井です!

学校も入学式が終わり新年度の授業が始まりました。

今年は教科書が改訂されて中身が大幅に変わった教科があります。
中学生だと特に英語が変わったなと個人的に感じています。
一言で言うと大変になったなと…
高校生でやっていた内容が中学生におりてきているので。
私たち講師陣としても今までと違うことが多いので色々と大変です。

しっかりとテストで結果を出せるように万全の準備をしないとならないので
今から5月にテストがある生徒さんが多いと思いますが、早めの準備を!

新たに高校生になった生徒さんも今が疲れが出始める時期だと思いますが、
高校のテストは中学生の時よりも明らかに大変です!
良いスタートを切るためにも早めにテストに向けての体制を整えましょう!

受験生になった生徒さん
まだ志望校が決まっていない生徒さんは、まずは志望校を決めたいですね!
自分が何をやりたいのか、学びたいのか、そしてそれはどこの学校なら学べるのか・・・
そして志望校を決めたら現状の自分の学力と、それをどこまで伸ばせばいいのかを把握して
先生と計画を立てて実行していきましょう!
こちらももちろん早く準備に入るに越したことはないです!

何事も早めの準備が大事ですね!
先日私も学習空間のM先生とそんな話をしたばかりです。
今年はなるべく仕事をためずに早め早めでいきたいと思います!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

今日はクリスマス!今年もあとわずか!

個別指導塾の学習空間、昭和田富教室の山井です。

2020年も残すところあと6日。
今年を振り返ると色々と変化した一年だったと思います。
変化を求められる中でまずはやってみる、挑戦するということが
改めて大事なのだと感じた一年でもありました。

さてそんな年末の風物詩と言えば…
有馬記念!(競馬の話は不謹慎!とか言わないでくださいm(__)m)
有馬記念はその年の世相を表す馬券が来ると言われているようです。

今年も色々と予想されています。
コロナ→5・6・7
COVID19→1・9
鬼滅の刃から煉獄さん→馬連5‐9

などなど…まぁ考えているときが一番楽しいです。
いつもは有馬記念の日はゴルフのコンペに参加しているのですが
今年はコロナの影響により中止…
毎年このコンペで会う友達に会えなくて少し寂しいですが
またコロナが終息し通常通り生活できる日が来ることを願い
今は耐えたいと思います。

それでは皆様少し早いですがよいお年をお過ごしください!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

将来やりたいことは?

個別指導塾の学習空間、ガクヨビ・昭和田富教室の皆川です。

よく生徒に「将来やりたいことは?」と聞くことがあります。
するとほぼ全員が「将来やりたい職業」について答えてくれるんですよね。
「世界一周したい」とか「GT-Rに乗りたい」とか、そういった答えがあってもいいのになあと思ったりします。

大学選びでも職業を意識して選ぶ人が多いと思います。
もちろん医師のような医学部にいかないとならないような場合は仕方ないですが、
銀行、新聞社などといった職業の場合は学部は関係ありません。
教育学部から銀行に就職した人もいれば、国際系の学部からITエンジニアになった人もいます。
大学は学びたい分野、興味がある分野で選んでいいと思います。

仕事以外のやりたいことがあると、それを叶えるために仕事を頑張れたりもします。
自分も将来やりたいことを見失っている気がするので、考えるようにしてみたいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

Critical Thinking

学習空間・山梨エリア・ガクヨビ、昭和田富教室の皆川です。

連日新型コロナウイルスの感染者数が発表され、「本日の感染者数は0人」「本日の感染者数は10人」などと報道されています。

感染者数ゼロと聞くと少し安堵するような気もしますが、今回は少し違う視点で見てみましょう。

この感染者数というのは、検査(PCR検査や抗原検査)の結果、陽性であった数ですね。
しかし実際には、症状がなくウイルスに感染していることに気がついていない人もいると言われています。
また、何らかの症状があっても「たぶん風邪だろう」と言って検査を受けない人もいるかもしれません。
もしそうだとしたら、実際の感染者数は発表されている数字以上にいることも十分考えられます。

そう考えると、「本日の感染者数は10人」というのは「世の中何人かいる感染している人の中で、検査を受けて陽性が出たのが10人」と言えます。
さらに言い換えれば「世の中に感染している何人かのうち10人を特定しました」ということです。

別の例で言うなら「犯罪組織のメンバーのうち10人を逮捕しました」と同じようなイメージです。
(新型コロナウイルス感染者は犯罪者だということを言いたいのではありません)

すると、感染者ゼロという数字も違った印象になってきます。
つまり「世の中に感染している人はいるだろうが、一人も見つけられませんでした」とも考えられてしまうということです。

逆に言えば、発表された感染者数が多かった場合、それだけ世の中の感染者を特定できているともいえます。

冒頭で言ったように、数字だけ見ると感染者数ゼロというのは安心したくなりますが、上述のように見方を変えると一転不安な気持ちにもなります。

———————————————–

昨今「多様性」について議論されることが多くありますね。

「多様性を認めるべき」という意見について自分の考えを書け、と言われれば「賛成」の立場で書く人が多いのではないでしょうか。

そもそも「多様性」とは何でしょうか。
goo辞書によると「いろいろな種類や傾向のものがあること。変化に富むこと」とあります。
つまり「多様性を認める」とは、簡単に言えば「様々な考え方を認める」ことになるでしょう。

では「多様性を認めるべき」という意見が多数を占めたときどういったことが起こるか。
「多様性を認めない」人を責めたり、排除したりする人が出てくるでしょう。
これは「様々な考え方を認める」ことと矛盾していることに気がつきませんか?
多様性を認める人しかいなくなった世界は、それはもう画一的な社会ではないでしょうか。
「多様性」とは、多様性を認める人も認めない人もいて多様であるのです。

似たような問題に「寛容のパラドクス」というのがあります。
気になる方は「寛容のパラドクス」や「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」で検索してみてください。

———————————————–

新型コロナウイルスの感染者数と多様性についてお話しましたが、このような考え方は、小論文を書く際なんかに求められる力ですね。
言葉の表面だけを読むのではなく、前提や本質を深く考えることで、違った見え方や解決策が浮かんだりします。
これをCritical Thinkingなどと呼んだりもします。

何が正しいのかということではなく、物事に対して色々な視点から考えることが大切ですね。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

1学期が終わって…

学習空間・山梨エリア・昭和田富教室担当の山井です。

今年はコロナによって色々なことに変化があります。
学生生活にも大きな影響が出ているのは間違いないと感じています。
先日耳にしたのですが、今年は例年に比べて成績の開きが大きいとのことです。
例年よりも点数が取れている生徒も増えているそうなのですが、その反面例年よりも点数的にかなりまずい生徒の数がかなり増えているそうです。
つまり両極端になっているのだと思います。
これは休校期間中の影響だと思います。
私の教室に通っている生徒たちを見ていても思いますが、休校期間中にいつも以上に
一生懸命に取り組めた生徒、予習をしっかりと行い、学校からの課題を理解しながらこなしていた生徒は今回のテストでもよい結果が出ました。

今年は夏休みも例年よりも短くなっています。
学習空間では毎年夏休み期間中に夏期講習を行っておりますが今年は例年よりも期間を短縮せざるをえませんでした。
ただ期間は短いですがその分生徒たちはいつもよりも集中して取り組んでいるように感じます。

2学期に向けてしっかりと復習をして2学期もよいスタートを切れるように短い夏休みですが、しっかりと過ごしてもらいたいなと思っております。

出遅れた生徒さん、まだ挽回できます!
一度気持ちを入れ替えてここから巻き返していきましょう!

最後に学習空間・山梨エリアの教室では、できうる限りのコロナ感染対策を行っております。講師陣も感染しないよう心がけております。今後も感染者を出さないように細心の注意を払っていきたいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

野村監督

個別指導塾の学習空間、甲府東・昭和田富教室担当の山井です。

当然の訃報でネットでもいろいろな方が驚きのコメントをしてますが私も大変驚きました。

選手としての野村監督はあまり存じ上げてありませんが、記録だけ見ただけでもすごさがわかります。
私も捕手をしたこと(ちょっとだけです)があるので大変さは多少わかりますが、ほんと大変なポジションなんです。
その捕手としてあの試合数に出続けてなおかつ三冠王とかとっちゃう…考えられません。

私にとっては監督としてのほうがイメージが強いです。
特にヤクルトの監督していた時のイメージが強いです。
私は西武ライオンズのファンだったのですが1993年の日本シリーズで負けた時の監督が野村監督でした。
確か3連覇くらいしてたのを止められたのかなと記憶していますが。
当時小学生の私は当然勝つものだと思っていたのでショックだった記憶があります。
あと、野村監督と言えば阪神時代の遠山⇒葛西⇒遠山。
プロ野球でこんなことやるんだ!って驚きましたね。

解説者でも毒舌と言われてはいましたが私はとても好きでした。

野村監督・名言で検索するとたくさんの言葉が出てきます。
野球人としてだけではなく社会人としても選手たちに成長を促していたように思えます。
野村監督の言葉の中で『ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。』という言葉があります。
この言葉、どのスポーツ、そして勉強にもあてはまると思います。
素直に人のアドバイスを受け入れられる選手や生徒は伸びる。
私が今までの講師人生の中でも同じことを感じていました。
まだまだたくさん響く言葉はあります。
私自身、今回改めて野村監督の言葉を見て気づかされたことがありました。
今後の人生に活かしていきたいと思います。

心よりご冥福をお祈りします。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

今年の目標

個別指導塾の学習空間、ガクヨビ・昭和田富教室の皆川です

ふと振り返ってみると、教育者と呼ばれるものになってからどうやら今年で8年目になるようです。

ただどうもこの「教育」という言葉が好きになれません。
教育する者とされる者に上下関係を感じてしまうからです。
この上下関係においては、双方に問題が生じえます。
まず上のものは、教育の名のもとに自身の価値観を押し付けてしまっているかもしれません。
また下のものは受け身になってしまいがちです。

このことから、教育者ではなくアシスタントでありたいと常日頃考えています。
塾で言えば、まず生徒が主体となって学習に取り組みます。
アシスタントは文字通り、その生徒の補助を行う人です。
生徒とアシスタントとの間に上下関係はありませんし、生徒の主体性が損なわれることもありません。

AIの発展が著しい時代において、”ただ言われたことをやる”生徒は増やしたくないと考えています。

2020年、アシスタントとして何をすべきか考えながら過ごしていきたいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

梅雨はあけないけど、夏が来た気がする

個別指導塾の学習空間、甲府東教室・昭和田富教室を担当している山井です。

現在、全国各地で熱戦が繰り広げられている高校野球。
わたしも20年近く前は高校球児だったもので、この時期が来ると母校の試合結果や、あの県の代表はどこになるかなぁ…といったことが気になります。
私の中では夏の風物詩!といった感じです!

まぁそんな話はさておき、私はまだ趣味で軟式野球をやっております。もう現在のチームに入ってから10数年経ちます。年齢が一回り以上下の選手もいる中でなんとか頑張っております。
実は今年数年ぶりに市町村対抗野球大会に出場しましてその大会の中で塾の卒業生と対戦するということがありました。私は捕手で出場していたので彼が打席に入るときには間近で見ることができたのですがどこか感慨深いものがありました。
現在所属しているチームにも一人教え子が入ってくれており、私の後輩の先生もチームに一人いるのですがその先生の教え子も一人今年チームに入ってくれました。
教え子と一緒に野球ができるとは…幸せ者です。

山梨の高校野球は来週には代表が決まりますね!
どこの学校が出場しても県の代表として甲子園で楽しく野球をやってきてもらえたらなと個人的には思っています!
甲子園は県大会で優勝したご褒美!って感じな気持ちじゃ…ダメなのかな(笑)
某高校にいる教え子が甲子園の砂を持って帰ってきます!って約束してくれたので吉報を待っていようと思います(ワクワク)

山梨の塾なら個別指導の学習空間

ジメ暑日

個別指導塾の学習空間、昭和田富教室の皆川です!

ここのところ暑くてジメっとした日が続いていますね。

数年前まで横浜や東京に住んでいたのですが、
そのときの蒸し暑さに対しては「海が近いししょうがないか」という気持ちでした。
山梨は内陸だし、暑いといってもカラっとしていて幾分過ごしやすいんだろうなと思っていました。

ところが山梨に帰ってみると「何だこの蒸し暑さは!」
気温が横浜・東京より高いのは分かるが、湿度も高く感じる…

内陸特に盆地は「湿度は低いが高温になりやすい」と学校でも習ったはず。

不思議に思い調べてみると、意外なデータが!
日本気象協会によると、
蒸し暑さの程度を「ジメ暑指数」と呼び、「ジメ暑指数85以上」の日を「ジメ暑日」と呼ぶそうです。
ちなみにジメ暑指数85は、例えば気温32度、湿度74%に相当するらしいです。
そしてそのひと月あたりの「ジメ暑日」の日数ランキングを見てみると、、、
1 / 熊 本 / 25.9日
2 / 鹿児島 / 25.8日
3 / 奈 良 / 25.7日


9 / 山 梨 / 23.2日


35 / 神奈川 / 16.3日

37 / 東 京 / 15.6日
なんと全国TOP10入りしていました。
どうやら内陸・盆地の湿度が低いのは大陸国の話であって、
島国である日本の盆地では湿気が滞り、高温多湿になる傾向だそうです。

気候面でいえば、山梨はとことん過ごしにくいですね…

高温多湿は特に熱中症になりやすいので、こまめな水分補給をこころがけて過ごすようにしましょう!

山梨の塾なら個別指導の学習空間