テストが迫る!国語の初歩的対策!

個別指導塾の学習空間、小瀬・石和教室の深澤です!

もうすぐ6月も終わり、各学校でも、定期テストが近付いてきていますね。

学校の休校期間で今年一年がどのように流れていくのか毎日、カリキュラムなどと格闘しています。

学校の進度もゆっくりじっくり進めている学校もあれば、急速に進めて通常の所に追いついたという学校もあります。

さて、今回は少し自宅での勉強についてのお話をさせて頂こうと思っています。
少しでも皆さんの自習の参考にして頂ければと思います。

よく生徒たちに、家で日曜など何の勉強をしてたの?と聞く事がありますが、大半が漢字練習や英単語練習。学校のワークと答えますが、
国語の読解!!と答えられた事はあまりありませんでした。

国語は本文を読んで答えを見つけるからわざわざ対策をしなくても本番読めばある程度点が取れる!など良く言われますが、

私は、「なぜ、テストで出る本文が範囲として出ているのに読む練習をしないのだろうか。」
「読む練習をすれば、本番ある程度速度も出て、考える時間増えるのになぁ・・・」といつも思っています。

読む練習をする事によって本文のどの段落にどのような内容が書かれているのか、すぐに分かると思います。

小学校の時に行ったであろう、家で読む宿題も今となればすらすら読む為の練習だったのではないか?
どこにどのような事が書かれているのか流れを把握する為だったのではないか?と思ってしまいます!

一度定期テストの対策として1週間毎日時間がある時に本文を読み流れを把握して見て下さい。

国語は読むのに時間がかかり、考える時間がなくなってしまう事が凄くもったいないと思います。

実力テストなどの見た事ない問題の対応はまだ難しいかもしれませんが、教科書の範囲であればすぐにでも実践して頂ければなと思います!

長くなってしまいましたが、テスト対策としてしっかり国語も他教科同様、力を入れて対策して行きましょうね♪

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA