日本の野球場は、どっち向きが多い!?

個別指導塾の学習空間、小瀬教室の加藤です!!

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。熱中症対策や体調管理など細心の注意を払って下さい。
さて、今年は令和に元号が変わって初めての夏の高校野球大会が甲子園球場で行われています。
そこで、今回は、「野球場」に関する雑学をご紹介します。
突然ですが、「日本の野球場はホームベースから見て、南方向を向いていることが多い」らしいのですが、なぜだか分かりますか??
それは、守備に就く選手たちが、昼間の試合で太陽がなるべく視野に入らないように配慮して設計したためだと言われています。(諸説あります)

なぜ、そうしたのか?
という、原因や理由を考え興味を持って取り組むと学習の効率はすごく上がると思います。勉強に限らず、なぜこの練習をするのか。このやり方がいいのか。それを考えることはとても大切ですね。
教室に来てくれる生徒たちにも、一つでも二つでも多く知らないことに興味を持って頂ける、楽しい教室・楽しい先生を目指してこれからも努力します。
皆さんも、体に気を付けて、2学期以降も一緒に頑張りましょう!!

それでは、また教室でお会いしましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA