盆地の盆

個別指導塾の学習空間、富士吉田・都留教室の大江です!

ひたすら暑い・・
そして、やけくそで太陽に焼かれようと外に出ると、急な夕立でずぶ濡れ・・
自暴自棄になりそうな今日この頃です。

さて、今の時期はちょうどお盆ですね。
毎年、風物詩のように高速道路が渋滞になっています。
ジブリ風に言うと、車がゴミのようです。

そんなお盆ですが、その語源は諸説ありますが、有力なのはサンスクリット語の「ullambana(ウラムバナ)」の音写「盂蘭盆(うらぼん)」だそうです
そして、お盆と略されるようになったのは、その時期に器にキュウリやナスなどの供え物を盛り、先祖の霊をもてなしたから(器の盆とかけた感じ)だそうです。

外国の言葉を受け入れ、それを日本独自の文化に昇華させた、そんな昔の人の創意工夫には脱帽するしかないです。
炎天下では脱帽すると頭皮が熱くなるのでしませんが。

とにかく、頭皮が焼けるほど暑いのは間違いないので、皆さんも熱中症にかからないように冷房や水分補給を忘れずに、気持ちよく夏休みを過ごしてください。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA