アナログ版のUSB?

個別指導塾の学習空間、甲府西教室担当の堀内ですヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

いやぁ・・・・いよいよ夏ですねぇ!
最近ずいぶん暑くなって朝でもなかなかの気温です・゚・(。✖д✖。)・゚・

今回はなんの話を書こうかと悩みながらキーボードを打っているところです・・・。

そうですねぇ・・・・。
夏といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?
海?花火?夏休み?お祭り?プール?スイカ割り?などなど
自分が思い浮かべたのは楽しいものばかりでしたw
しかし、その思い浮かべた中で唯一楽しいものではなかったもの・・・・・

「予定表」

小学生の頃夏休みに、一日の予定表を円グラフでつくっていたのですが
結局予定を立てて終わってしまっていましたww
まったく何も実行できず(・ε・`)
私は予定を立てることが苦手だったのだと思います。
予定表のレベルが高すぎました・・・・・。
一日に9時間も勉強する予定表でした・・・・・・・・・・・・。

テスト前や長期休みに予定表を書かせる学校が多くあると思います。
生徒の声を聞いてみると、

「めんどくさい」「つめつめに立て過ぎて結局できない」

なんて声を耳にします。
今はまだ、予定を立てることの大切さを実感できないかもしれませんが
高校生くらいになってくると、予定をたてることの大切さが分かるようになります。
もちろん、予定通りに実行出来ることに超したことはありませんが、
まだ、少し予定とずれてしまっても落ち込むことはありません。

自分がどれくらい頑張れるのか。
自分がどれくらい頑張らなければいけないのか。

ということがだんだんと
予定を立てていくうちに分かるようになっていきます。

「この日は部活がまだあるから午後しか勉強できない。
 でも、3時間くらいやらないと目標点はとれないかな。」

「前回1日に通して6時間やろうと思って予定立てたけど、
 結局目が疲れちゃったり、頭痛くなったりしちゃったから、
 1時間ごとに休憩入れながらやろう。」

とか、前回の反省を活かして、予定を立てられるようになっていきます。
そうして、一日一日の予定だけでなく1週間、1ヶ月と立てられるようになるんです。

小学生のころは予定を立てることが苦手だった私ですが、
いまでは、

「だいたい〇日までにこの仕事を終わらせたいから
 ×日までに仕上げて△日にチェックしたい。
 ってことは1日このくらいのペースでやらないと間に合わない!!」

と考えられるようになりました(๑˃̵ᴗ˂̵)و

今では多くの人々が持っているスケジュール帳も予定表の一種ですね。
高校生はもちろん、中学生もスケジュール帳を作ってみては!?
なれてしまうと、スケジュール帳を肌身離さず持ち歩かなければ落ち着かない症候群になりますw

最後になりましたが、もちろんテスト前の計画表の相談にものりますよー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

本当は今、テストの話題ばかりなので、テスト以外の話がしたいなぁと思ったのですが結局テストの話になっちゃいました・・・。
次回は他の先生方とは違ったコンセプトで書きます!
宣言しました!
前回、学習空間プラスの方で某名探偵について書いたので、興味のある方はぜひ見てくださいねww

一度きりの人生に少しでも多くの笑顔を。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA