白き雨が降る

個別指導塾の学習空間甲府西教室の堀内です^^

最近は天気が悪い日が続いていますね。
まさに梅雨です・・・。
おかげで、片頭痛に悩まされる毎日です;ω;

しかもですね。
最近私の車が鳥の「襲撃」にあっているんです。

分かった人は分かったかもしれませんが
そうです。
鳥の排出物を投下されているんです!!

私は黒い車に乗っているのですが
そりゃあもう、ものすごく目立ちます。

車がない場所にしてほしい・・・・・・・。

鳥の話で思い出しましたが
教室の入り口に毎年ツバメが巣を作っています。
今年もお母さんかお父さんかは分かりませんが
一生懸命子どもたちに餌をもってきています。

その姿を見ると
親はいつでも子どもの為に一生懸命飛び回ってくれているんだなと感じました。

きっと自分も小さいころ・・・今も飛び回ってもらっているのかもしれないです!

先日父の日だったので枕をプレゼントしました^^

ものでなくても、日ごろの感謝をそういった機会に伝えられるといいですね♪

一度きりの人生に
少しでも多くの笑顔を♪

山梨の塾なら個別指導の学習空間

W杯開幕!

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です!
W杯がついに開幕しました!!
日本では例年よりも盛り上がってない感じがしますが、この1カ月は本当に楽しみです(^^♪
試合が深夜なのも多く、眠れないというより眠らない日々が続きそうです・・・
昨日も強豪スペイン対ポルトガルのヨーロッパ勢の対決でした(>_<) 一進一退の攻防で手に汗握るってのはこんな感じだなーと思いながら見てました。 結果はドローでしたが、両チームの強さだけははっきりわかりました! 日本にも頑張ってもらいたいですね!(^^)! 日本の試合は火曜日みたいなので、まずは初戦のコロンビア戦を応援したいと思います! さて定期テストが近くなってまいりました! 前期中間の生徒は範囲が広くなっています。 計画的に進めていかないと、しっかりやり切れません! 課題はなるべく早く終わらせ、繰り返し演習できるようにしましょう。 また1学期期末の生徒は、範囲はそこまで広くありませんが、内容が深く出題されると思います。 共通していますが、計画的に進めたいですね(^^) ワークの問題だけではなく、発展問題などにもチャレンジしていきましょう! 山梨の塾なら個別指導の学習空間

自分を育てるのは自分

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

6月に入りました。
ブログを書いている今日は比較的涼しく過ごしやすい1日ですが、暑さを感じる今日この頃です。

先日、人生初の人間ドックに行ってきました。
通常の健康診断とは異なり、多くの結果が直に伝えられます。
結果は、普段から少しだけ意識していることも手伝ってかまずまず良かったです。
余談ですが、前日21時以降から少量の水以外は口にしてはならないため、全ての検査が終わった後に出された食事とコーヒーが格別でした。

教室では、中間テストが終わり、短い期間でまた期末テストに向けて明日からテスト2週間前の指導に入ります。
中間テストが終わり、結果が返ってくると教室では各生徒、テスト直しを実施します。
テスト直しの柱は問題分析とミスによる失点の確認の2つが柱になります。

私が指導する側として気を付けていることは、生徒の結果によって感情を必要以上に表に出さないことと良かった点と課題点を分けて考えてもらえるように声をかけることです。

良い得点の基準は人によって差がありますし、講師側の基準で感情に出してしまうと結果が伴わない時に指導に一貫性が出ないと思うためです。意識しているのは、肯定的な声をかけた上で、「今回、良かったのはどうしてだと思う?」、「次に向けてどんな点を改善していけるともっと良くなると思う?」等、出来るだけ生徒本人に主体的に考えてもらう流れを創ることです。
得点が良かった、良くなったで終われせて欲しくないです。

また生徒本人が納得いく結果が出なかった時は、気持ちを察しつつ、まず課題点と向き合ってもらいます。例えば、「直しをやってみてうっかりミスが多かったと気付いたと思うけれど、普段の取り組みでミスが出ないように何か具体的に変えていける部分はある?例えば時間を測ってやる部分などももっと入れていくのはどう?」というように声をかけます。
その上で逆に「今回良かった点はどんな点?」と考えてもらいます。
ここで、「特にない。」で終わらせないように心掛けています。
どうしても得点のみが心を支配していると、自分が努力して結果として出ている部分を見過ごしてしまいがちです。
良かった点は良かったと素直に認めた上での反省であって欲しい。
次へのモチベーションをしっかり保つ意味でも指導する側として気をつけないといけないと思っています。

決して自分に甘いということではなく、より気持ちを晴れやかに進んでいくために、そして努力を止めないために、認めるべきは認める習慣を勉強を通して、生徒には獲得して欲しいと思っています。

大人のそうですよね。頑張ろうと決心して数日頑張る・・・。
慣れがやってきて、少しずつ気持ちが無くなっていく。
何も変わっていないことに自信を無くす。
よくある話です。
それでも、少し前進している事実を認めて続けていくことが大事だと、最近思っています。

『自分を育てるのは自分』
実は、今読んでみたい本のタイトルです。

人間ドックで自分を客観的にみる機会を得たので、タイトルの言葉がよりしっくりきます。
指導で生徒にかけている言葉は、発している自分にもかけていることになります。
出来る限り曇りのない自己判断のもとに自分を育てていきたいです。

明日からのテスト週間の指導、また気持ちを込めて頑張ります。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

WC

個別指導塾の学習空間、富士吉田・都留教室の大江です!

ついに今月からワールドカップが始まります。
学生時代からサッカーをやっていた者からすると、楽しみでなりません。

ところで、ワールドカップ(World Cup)のことを「WC」と略すことがありますが、先日サッカーに全く興味のない知人に
「WCに行きたいもんだね」
とLINEをしたところ
「お腹痛いんだったら、すぐに行け」
という謎の返答がありました。
よくよく話を聞くと、彼はWCを「Water Closet(水洗トイレ)」のことと勘違いしていたようです。

こちらが、当たり前と思っていることも、案外他人には全く伝わらないことが多いのだと、良い勉強になりました。
それにしても、腹痛の相談をする奴がこの世にいると本当に思ったのか、という本質的な疑問は残りましたが・・・

ちなみに、トイレの表示等で「WC」と書いてある国は実はほとんどなく、アメリカでは「bathroom」「restroom」「powder room」なんかが一般的です。
また、「Toilet」は便器そのものなので、案内表示等で書いてあるものは、アメリカの人から見ると、実は少しおかしく感じる表現なのかもしれません。
(イギリスではトイレ自体を「Toilet」と表現することがあるらしいですが)

これも自分の当たり前が、実は他人から見るとおかしく見える一例かもしれません。

少し話は逸れましたが、何はともあれ日本代表には頑張って欲しいものです。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

6月スタート

個別指導の学習空間、石和・竜王教室の花井です!

今年度の第一回定期試験も終わり、結果が返却されている生徒が多いですね

大幅に点数UPして大喜びの生徒も思ったように点が伸びなくて落ち込んだ生徒もいると思いますが、中学生は総体が終わったらあっという間に期末テストです!
この先、梅雨がはじまりジメジメとする中で勉強に追われる前に少しずつワークを進めておきたいですね!
今回の反省を活かして次のテストでもっともっと良い結果に結びつけましょう^w^

話は変わりますが、ここでわたしの最近ハマっている商品を一つ紹介致します。
それは、KAGOMEのスムージーです!
「カカオアーモンドMix」

エネルギー:134kcal、 たんぱく質:2.5g、 脂質:1.5g、 炭水化物:30.5g、 糖類:22.3g、食物繊維:4.0 ~6.6g、食塩相当量:0.5 ~1.1g、カリウム:680mg、カルシウム:25 ~66mg、ビタミンK:3 ~16μg、葉酸:9 ~67μg、ポリフェノール:200mg

「カカオ入りで腹持ちもよく、間食にも最適。1/2日分の野菜も使用し毎日の健康をサポートするベジタブルスムージー。ポリフェノール・しっかり食物繊維も摂れる。」
だそうです。(KAGOMEホームページより抜粋)

このスムージーシリーズはどれもたまらないおいしさです。
カカオポリフェノールには集中力を持続させる効果もあるので勉強のお共にいかがでしょうか^w^

山梨の塾なら個別指導の学習空間

テストおつかれさま!

個別指導塾の学習空間、櫛形・甲府北教室の小林です!

新学年最初のテストもほとんどの学校が終わりましたね(*^^)v

しっかりテスト直しをして次回のテストに向けての不安を無くしましょう!!

6月は中学生は総体などの部活関係、高校生は学祭など忙しい月になってしまうと思いますが、

         
          6月末には期末テストがあります\(^O^)/

テストが終わっても気を抜かずに塾でどんどん予習を進めて期末テストでもしっかり成果をだしていきましょう!

最近本当に暑くなってきて体を動かす気力を奪われてきましたが、私は最近筋トレはじめました!笑
長年吸っていたタバコもやめて健康的な体作りを目指したいと思っています(*^^)v
みんなも部活動と勉強をしっかり両立して、大会でも期末テストでもしっかりと成果をだしていきましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

BBQ

個別指導塾の学習空間、韮崎・白根教室の内藤です!

本格的に暑い日も増えてきて、もう夏が来たんじゃないかと思う日もありますが、みなさんお元気でしょうか?
総体や学園祭などイベントが多い時期なので、体調には気を付けていきたいですね。

さて、私は先日友人とBBQをする機会があったのですが、そこで友人の一人が「炭用火起こし器」を持ってきてくれました。
「煙突効果」というものを利用して、着火剤も使わず簡単に火が起こせるというものでした。

最初は半信半疑だったのですが、実際に使ってみると本当に新聞紙に火をつけて放っておくだけで炭に火がつきました!
毎年行われている学習空間のBBQでは、参加してくれた生徒と一緒にかなり頑張って火起こしをしているので、こんなに簡単に火がつくんだと目からうろこが落ちる思いでした。
今年度のBBQまでにGETして、持っていくつもりです。
参加してくれる生徒はこの感動を一緒に味わいましょう(笑)

白根教室の生徒のほとんどが来週に中間テストを控え、多くの生徒が毎日教室に来て勉強を頑張っています。
今日も日曜補習に多くの生徒が参加してくれました。
生徒の一生懸命な姿を見ると、こちらも負けないようにと指導に熱が入ります。
中間テストまであまり時間がないですが、1点でも多く取れるように頑張っていきたいと思います。
では、また。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

テスト!!

個別指導の学習空間、竜王・櫛形教室の吉瀬です!

新しい学校・学年となり初めての大きなテストが間近に近づいてきました!
新学年で良いスタートを切るためにも、この土日を有効に使って対策・復習をしていきましょう!

話は変わりますが、GWに野球の試合をしてきました!
4月にも試合があったのですが、その試合では不調の極みで敗戦投手になってしまいました・・・。
その時の反省を自分なりにしっかりとして改善点を出し、あまり練習はできませんでしたが、修正するポイントをイメージして試合に臨み、
前回の反省を活かしてプレーする事が出来ました!

失敗を反省して改善していくこと。これは勉強にも通じる事でもあり、人生の中でもとても大切な事だと思います!
長い人生において、失敗はいくらでもします!その経験を次に活かす事が何よりも重要なことだと思うので私はいちばん大切にしています!
失敗する事は悪いことではありません!ただ、その後の行動が人が周りから受ける評価となります!
テスト後の反省がいつも同じ人と言う人はたくさんいると思います!
そのままでは何も変わらず、成長などありえません!
ただ取り組むだけでなく、次の事を見据えてやってみること意識してみてください!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

イベント週間!

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です!

今週は寒かったり暑かったり・・・

5月なのに3月並みの気温だったみたいですね!

そうかと思ったらまた暑くなってくるし・・・

もう季節感がよくわかりません(^_^;)

教室の生徒たちは修学旅行や宿泊学習、総体などイベントが盛り沢山な1週間でした!

私自身どのように学校生活を送っていたのかは覚えてないですが、そういった特別なイベントは良く覚えています。

学校生活の中で重要なイベントだと思うので、生徒たちにもいい思い出にしてもらいたいですね(*^_^*)

中学3年生は修学旅行から帰って、すぐ定試の学校が多くあります。

中々気持ちの切り替えが出来ないと思いますが、最初の試験なので良いスタートが切れるようにしたいです。

高校生も今月末に定試がある学校が多いです。

試験範囲が出てくる前に進められるところはあらかじめ進めておくようにしましょう。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

巻き込む力と本気エネルギー

個別指導塾の学習空間、甲府西教室の河手です!

ゴールデンウィークが明けました。
後、数時間で本日の指導も始まりますが、改めて目標を生徒と共有して頑張っていきたいと思います。

この連休中に世界卓球2018が開催されていました。
特に女子団体戦では、準決勝で急遽、統一コリアチームと対戦するなどの話題になる中で決勝進出。
決勝では王者中国相手に惜しくも1-3で敗れましたが、3大会連続の銀メダルを獲得しました。

卓球は心理的な要素が大きいスポーツです。私が中高で卓球をやっていた時は1ゲーム21点マッチでしたが、今は1ゲーム11点マッチ。
サーブも2本交代となっています。
そのため、まず出だしで主導権を握れるか、また逆にリードされても、あきらめずに何とかついていき終盤で逆転する気持ちを持てるかなど、勝利の為には気持ちを強く持つことが絶対に必要な競技だと言えます。
その中で、たとえば、急遽、統一コリアチームと対戦となった準決勝。
少なからず複雑な想いもあった思うのですが、臆することなくストレートで快勝しました。
もし、公平でないという気持ちが心を支配していたら、内容・結果も違ったものになっていたかもしれません。
そして、迎えた決勝。
1-3で惜しくも敗れましたが、観る者の心を熱くする闘いぶりでした。
特に1番で登場した伊藤美誠選手の戦いぶりは2-2で迎えた最終セット1-5の劣勢から諦めることなく追撃し、8-10から大逆転で勝利しました。
私もテレビを通して観ていましたが、絶対に勝つという気持ちが見えない力となり、最後の最後で勝利として形あるものになり、その瞬間、「よし」と叫んでいました。
観る者さえも巻き込める力は、やはり物事に本気で取り組んでいる本気エネルギーの中からしか生まれないように思います。
そして、綺麗事は抜きで勝利という結果がさらにその力を大きなものにしたと言えます。

教室で、私はよく生徒に学習中の姿勢を大事にするように伝えています。
本気で目の前の課題と向き合っている生徒の後ろ姿には力があります。
しかし、後ろ姿は自分では確認できません。
指導する側としては、気付かせる役目があります。
そして、指導する側も自分の後ろ姿は見えない事実を自覚していないといけないのだと思います。

周囲の人に力を与える程の本気エネルギー。
ゴールデンウィークが終わったから、充電完了で出せるものでは勿論ないわけです。
1日1日が本当に勝負で、その中で出すものというよりも、無自覚に出ているものでありたいです。
まず今日も指導に全力を尽くします。
ではまた。

山梨の塾なら個別指導の学習空間